馴れ初め話

【馴れ初め 気団】嫁24。俺32。ほのぼのする嫁、推定Fで、ぱいさわりてーと思い…

 

嫁24。俺32。ほのぼのする嫁、推定Fで、ぱいさわりてーと思い…

 

 

 

 

俺「遅れてすんません、ここいいっすか」

嫁「どうぞどうぞ、はじめまして」

俺「あ、どうもはじめまして。若いです
ね」

 

嫁「いきなり歳の話ですかwwww」

近所の同級生がセッティングした飲み会
で初めて会った。

 

30人くらいいて年齢もバラバラだし知
らないヤツが多かった。

 

 


スポンサーリンク



 

 

遅刻してったら端に座ってたのが嫁だっ
た。

 

色々あって付き合ったのはその2年後だ
が。

 

kwskされんたんで結婚までの過程
をこっちに投下する。

 

近場で集まるって飲み会だった。

 

近場っていっても田舎なんで車で30分
圏内が近場。

当時の俺は32、彼女は24。

 

小柄で目が印象的でおっぱいと尻がで
かかった。

 

 

 

 

 

でも派手じゃなくて、ちょっと田舎の素
朴さがある感じ。俺の好み。

見た目若いんだけどすごく落ち着いて
て、

喋ると歳よりちょっと上に見える。


俺はその頃親や親戚が勧めてきた

見合いを結納までいって

破談にされて落ち込んでた。

 

元々もてない君だったんで、

学生時代の自虐的な失敗談で

笑いをとるくらいしか

芸がなかったから、

ヤケになって話し始めた。

 

同じテーブルの人たちはオチまで

聞かずに微妙な笑いで別の話を

し始めたので、まあすべったけど

いいかと思って俺は話をやめた。

 

そしたら横にいた嫁が笑いながら

「で、どうなったんですか?」って

聞いてきた。

 

「すべったんだからいいよ」って言った
ら、

「いやいや、オチがあるんでしょう?

オチまで言ってネタですよ。

 

それに興味がありますので、

是非最後まで話してください」

最後まで話すと、

 

「おもしろかったです。でも二度と
やっちゃダメですよ」と笑ってくれた。

 

感性がちょっと一般的じゃない子なのか
もと思ったけど、

俺は嬉しくなって、そこから

嫁と雑談で盛り上がった。

そこで携帯番号とメアドもゲットした。

 

そこから色んな地域イベントとか

飲み会とか、あんまり遊ばなかった俺も
参加するようになった。

 

嫁がイベント主催する人の手伝いをし
ていて、

そういうところによく

顔を出してたから。

 

嫁は派手にもてるタイプじゃない。

が、地味にもてるタイプだった。

 

俺みたいなヤツを飲み会でちらほら見
た。

だけど嫁は気づいてないらしかった。

しっかり者で真面目、

ユーモアはあるけどカタい感じのする嫁
は、

どことなく人と一線を画してるような

感じもあって、

そこに踏み込むヤツはあんまいなかっ
た。

 

それに、現物は見たことないけど

嫁に彼氏がいるって噂もあった。

 

気持ちを腐らせながらいいお友達でい
続けた。

 

推定Fカップのぱいさわりてーと思
いながら。

 

結納の件で自暴自棄モードが

続いていた俺は、

飲み会で数々の失敗をしそれで

嫁に叱られ世話をされつつ、

2年近くの歳月が過ぎていった。

 

2年近く経ったある日、

嫁が彼氏と別れたとか、

彼氏が浮気相手とできちゃった結婚した
とか、

びっくりする噂が流れた。

 

実際には彼氏と言われていたのは

歳が近く仲の良い従兄で、

従兄はただ遠距離恋愛だった彼女と

まっとうに結婚しただけのことだった
が、

あんまり言われすぎて嫁は

気がふさいでいた。

 

俺は彼氏がいると思って遠慮して

手を出さなかった俺は、

友人期間2年のうち半年くらい

別の彼女がいたことを神棚に

上げ全力で嫁にくいついた。

 

イベントで会って話すとちょっと

愚痴られ、励ましてるうちに

ちょっとだけ仲良くなった。

 

嫁は普段メールも電話もしない人だった
が、ある日電話が来た。

 

「ねえ、おばあちゃんから大量にとうも
ろこしもらったの。

 

あんまりもらいすぎてウチじゃ

消費し切れないんだけど、いる?」

 

俺や俺の一家が食べることが

大好きだということを

覚えていたらしい。

 

俺は一も二もなく承諾した。

 

彼女は車で俺の家まで

持ってきてくれた。

 

嫁の家は何かしら田舎や

知り合いから届くらしく、

それから色々なものを回して

くれるようになった。

 

嫁の父親が偏食で小食で、

家にあっても処理し切れないらしい。

 

それまでは近くの料理屋さんに

まとめてあげていたことも

あったらしいが、

 

料理屋さんが廃業したので

あげるところを探していたそうだ。

 

ある日、また何かをくれると朝からメー
ルがきた。

 

俺はいつもの礼にと手土産を持って嫁
の家に物を受け取りに行った。

 

俺も嫁も休みだったので、

ドライブに誘うと嫁はOKしてくれた。

 

まわりに誰もいない2人きりで

長時間話したことがなかったので、

俺のテンションは右肩上がりだった。

 

ちょうど俺の家は家族が

出払っていたので、

俺の家に誘ったらちょっと悩んでたけど
きてくれた。

 

ワンルームのアパートとかだったら

来なかったと思う。

 

隣の家が近くて近所には

誰かしらいる田舎の家なので、

何かあっても大丈夫だと

思ったんだろう。

 

居間は陰で暗かったので、縁側で庭を
見ながらコーヒーを飲んだ。

 

俺はコーヒーが好きじゃなかったけど、

嫁は好きだって知ってたから、

場所のわからないコーヒーの粉の

ありかを旅行先の両親に

電話して聞き、頑張ってコーヒーを

入れた。

 

嫁はおいしそうに飲んでくれた。

 

おいしいものをおいしそうに

食べたり飲んだりするのが嫁の

長所のひとつだ。

 

たくさんのことを話した。

 

自分の性格、学校生活とか

今の仕事のこと、趣味、

失敗談や成功談、家族のこと、

自分の長所は何かとか欠点は何か、

果ては宗教観まで。

 

話しているうちに合わないところ、

合うところ、感心するところ、

色々見えてきた。

 

話をやめなかったのは嫁のことを

もっと知りたいと思ったからだった。

 

嫁もきっとそうだったんだと思う。

 

膝を突き合わせてひとしきり話すと、

縁側でまったりとした。

 

それから嫁をもう一度見た。

嫁をこっちを見てた。

 

目が合った。

 

付き合いたい、というよりはこの子と結
婚したいと思った。

 

そう思ったら「結婚を前提に

お付き合いしてください」って言ってた。

 

さすがに古臭いだろう、

結婚を前提になんて今の若い子には

重たいだろうと言ってから

恥ずかしくなったが、

嫁はしばらくじっと俺を見て

頭を下げた。

 

「こちらこそ、よろしくお願いします」

 

嬉しくなって嫁を勢いこんで抱きしめ
た。嫁も抱きしめてくれた。

 

その後おかしくなって二人で笑った。

 

「なんかお見合いみたいだった」

「仲人も親もいないのにww」って

笑った。

 

二人とも友達づきあいは長かったし、

物のやりとりをしているので、

付き合いも親公認で

トントン拍子に結婚まで進んだ。

 

俺は自分に自信がなかったが、

嫁の親は俺を気にいってくれた

ようだった。

 

俺は嫁と付き合い始めてから

随分陽気になったらしく、

そこがよかったようだ。

 

俺の家族も嫁を気に入ってくれた。

 

 


スポンサーリンク





 

 

嫁のいまどきぶらないところが

いいらしい。

 

また嫁の見た目は今は亡きじいさんの
好みらしかった。

 

今でも「この子をじいさんに見せたらど
んなに喜ぶだろう」と

ばあさんが泣くくらいだ。

 

じいさんは俺を可愛がってくれてて、

 

「嫁ができたら嫁に渡す贈り物」や

「嫁に子どもが出来たら嫁に渡す贈り
物」を

死ぬ前に用意してくれてた。

 

今年、嫁が妊娠しました。

 

嫁が安定期に入って、

のろけたい欲がでてきた。

 

嫁には「知らない人ならいいよ」と言わ
れたので、書きました。

 

読んでくれた人ありがとう。

嫁愛してる。

 

 

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

 

面白すぎてやばい!と話題沸騰中のドラマ
視聴満足度92%の「パパ活」大好評配信中!!
dTVで胸キュンしないと損!!
月額¥500でこのクオリティはガチでヤバい!!

→詳しくはこちらをクリック←

 

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

 

 

 

 
・YouTubeはもう稼げない…
・収益化を外された…
・一向に審査が通らない…

最新版のYouTube戦略を正しく身に付ければ
まだまだ稼げます!
今なら先着無料特典を受け取れます。