馴れ初め話

【馴れ初め 気団】俺25(一人)嫁16 (母子家庭)アパートの隣室。ある日・・・

 

俺25(一人)嫁16 (母子家庭)アパートの隣室。ある日・・・

 

 

 

 

 

出会った時は俺25の嫁16

 

俺が安いアパートを見つけて

引っ越してきた時にお隣さんにいた

母子家庭の一人娘だった

 

ロフト付1Kのアパートで

家賃も安いけど

いくら二人暮らしとはいえ

広いとは言えないような部屋

 

引っ越しの挨拶をして

3ヵ月は挨拶位で何も無かった

 

嫁の母とは少し会話する位で

嫁の名前もうろ覚えな程度

 

 


スポンサーリンク

 


 

 

ちょうど今頃の時期だったと

思うんだけど

 

休みの日に昼寝してたら

呼び鈴が鳴るので

出てみると嫁母がいて

仕事があるんだけど

嫁が熱だしているから見て欲しい

 

近くに頼れる人もいないから

お願いしたいと必死なので

俺は嫁家族の部屋に行って

様子をみる事にした

 

嫁は当番医で貰ってきた薬を飲んで

寝ているので

 

とりあえず食べられそうな物を

作っていたら

嫁が目を覚まして声をかけてきた

 

嫁は母親だと思っていたようだが

すぐに俺だと気付いて

パジャマ姿の嫁は恥ずかしさからか

布団に潜り込んだ

 

 

 

 

顔だけ出しながらなぜ

俺がいるのか聞かれたので

 

嫁の母親から頼まれたと言うと

母親は人を信用し過ぎるとボヤいた

 

料理のいい匂いで目が覚めたようで

少し何か食べたいという嫁に

俺はおかゆを出した

 

実家から送られてきた

フグがあったのでそれを

出汁にして作ったおかゆを

嫁は美味しいと言って食べた

 

俺も食べるはずだったのだが

嫁が全て食べてしまった

 

熱を計ってみると38℃を少し切る

位まで下がり

嫁の母親が帰って来るまで

嫁とお話をした

 

父親は2歳で死別してるから

父親の記憶が無いようで

母親が女手一つで育ててくれた事

 

今母親とうまく行ってない事など

色々話てくれた

俺は聞くことしか出来なかったけど

何かあったら隣にいるから

俺を頼りなよと言ってあげた

 

嫁は安心したのか

腹が満たされたのか

また欠伸をしてウトウトし始めたので

俺は嫁の頭を撫でながら

嫁を寝かしつけた

 

片付けをしていたら

嫁の母親が帰ってきたので

 

俺は熱が下がってきてる事と

食事をしてまた薬を飲んだことを

伝えて戻った

 

一週間位して嫁の母親と

玄関で会った時に

 

嫁が俺の事ばかりを話すんだと

教えてくれた

 

料理が旨いとか頼ってもいいよとか

頭を撫でてくれて凄く安心したとか

同じ事を何回も話すと聞いて

かわいいなと思った

 

嫁の母親からは迷惑じゃなければ

娘と友達でいてやって欲しいといわれ

俺は快くいいですよと伝えた

 

そこから嫁母が夜勤や

帰りが遅くなる時は

嫁は俺の部屋に来て

夕飯を食べるようになった

 

地元から俺は両親から

旬になるとサバやらフグやら

魚が食いきれない程の量が

送られてくる

 

東京で買えば結構な値段するものでも

山口で買うと捨て値に近い値段だから

量も多く買える

 

その魚類を毎回処理するのが

大変だったのだが

 

嫁が来てからは余る事も

そんなに無くなった

 

嫁は俺の料理を美味しいと

喜んで食べてくれて

たまに俺の分まで食べてしまう事も

あった

 

その間に学校で何があったとか

友達とどこに行ってきたとか

俺はまるで父親のように

話を聞いていた

 

ある日嫁がクラスの男子に

告白されたと聞いて

胸が少し痛んだ

 

好きにはならないと

俺は決めていたのに

 

気づけば嫁と話す事が

俺にとっても癒やしであり

 

そして嫁を好きになる

大きな要因だった

 

嫁はその表情を見逃さずに

少し笑顔でその男子には

断ったと言った

 

嫁はその笑顔のまま

俺の事が好きだからと言ってくれて

俺は安心したのと

同時に嫁を抱き寄せた

 

少し驚いた嫁もすぐに

俺に身を預けてくれてキスをして

 

その日はそれまでで

嫁は部屋に戻った

 

次の日からはもう嫁母も

俺さんなら安心とか言って

公認の付き合いが始まった

 

嫁の勉強も見て遊んで

食べての付き合いで

嫁が高校卒業までは

したい事はガマンした

 

行く大学にも合格して

嫁は毎日遊んで

俺の料理を食べて

 

嫁の卒業式の日には

嫁と嫁母から何故か

俺も来いと誘われて

適当な理由で有給を使って

嫁の卒業式に出席

 

その後に嫁と嫁母を

料理でもてなした

 

その食事の時に嫁母から

これからは俺の部屋で

嫁を住まわせて欲しいと頼まれた

 

俺と付き合ってる事もそうだし

今まで俺の部屋で

半分同棲していたようなものだったから

 

嫁も俺と結婚する気があるようだから

大学卒業まで生活費は払うから

嫁を宜しくお願い出来ないかと

聞かれた

 

俺は特に問題も無かったので快諾

 

嫁の大学生活は俺と同棲で

過ごす事になった

 

飲みに行って遅くなる時は

必ず連絡しろとか

 

迎えが必要なら必ず言えと

約束させて約束を破れば

嫁に怒ったりと父親に近い

スタンスだった

 

ウザがられると思ったが

嫁も素直に聞いてくれて

 

今日は遅くなるとか

迎え来てとちゃんと連絡してくれた

 

嫁が大学4年の秋に就職も

卒業も決まった時に

婚約して結納を済ませた

その結納の時に嫁母に

伝えないといけない事があると言って

俺は通帳と印鑑と

キャッシュカードを嫁母に渡した

 

その通帳には嫁母から嫁の

生活費として渡してくれていた

お金が全て入れてあって

 

実は嫁の生活費は俺の給料から

出してましたと言った

 

嫁母は少し不機嫌そうに

どうしてと聞いてきて

 

俺は嫁を始め人をちゃんと

養えるかとその時俺の給料で

本当にやっていけるかを

試したかったと

俺は頭を下げて謝りながら

理由を述べた

 

苦しいながらも不便無く

生活出来ていた事が分かると

嫁母は呆れながらも

このお金は嫁と俺のものだから

 

使うべき時に使いなさいと言って

一式返してくれた

 

俺は素直に受け取って

自分たちの子供の為に

使おうと決めた

 

卒業式の翌週に結婚式を挙げて

嫁の入社式前に旅行

 

嫁の入社式からは嫁のお金を全て

貯蓄して今まで通り俺のお金で生活

 

あらかた貯まったので

嫁母と同居するために

 

少し都市郊外の安い土地を買って

家を建てた

 

俺達の意見と嫁母の意見を

合わせた二世帯住宅で

 

嫁母は最初遠慮していたが

今までと何ら変わらないと伝えると

嫁母は納得して家に入ってくれた

 

今は嫁が子供を身ごもっていて

年末には生まれる予定

 

今は俺34で嫁25

初孫が楽しみで待ちきれない

嫁母ともども幸せに暮らしています

 

ここ2週間位仕事で

実家に少し戻っていて

たまたま親父が熱出したのを見て

これを思い出したので書いたけど

 

もう嫁と10年近くいるんだなーと

再確認しました

 

今週末には嫁の元へ戻る予定です

 

 

 

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

 

面白すぎてやばい!と話題沸騰中のドラマ
視聴満足度92%の「パパ活」大好評配信中!!
dTVで胸キュンしないと損!!
月額¥500でこのクオリティはガチでヤバい!!

詳しくはこちらをクリック←

 

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

 

 

 
・YouTubeはもう稼げない…
・収益化を外された…
・一向に審査が通らない…

最新版のYouTube戦略を正しく身に付ければ
まだまだ稼げます!
今なら先着無料特典を受け取れます。