馴れ初め話

【馴れ初め 気団】朝晩、俺の作った料理を食べる関係に。太めの嫁が痩せて、かなり美人。

 

朝晩、俺の作った料理を食べる関係に。太めの嫁が痩せて、かなり美人。

 

 

 

 

当時の俺スペック

 

180cm後半、顔は甘めに採点して

中の中から中の上。

 

趣味はゲームとプラモ作り、

特撮とアニメ大好き。特技は料理

 

大学入学から10日程たった頃。

 

アパート近くのスーパーで買い物中に、

同級生だった嫁さんから

声をかけられる。

 

 


スポンサーリンク

 


 

 

嫁さんは150cm半ば。

 

今でこそかなりの美人だけど、

当時はかなり太めだった。

 

偶然にもアパートの隣同士だったので、

挨拶を交わしたりはするけど、

その位の関係だった。

 

少しばかり世間話をしながら、

互いに買い物籠の中を見る

俺と嫁さん。

 

俺の籠は、肉や野菜といった

夕食の材料。

 

でも、嫁さんの籠の中は、

酒やおつまみ、

カップラーメンに出来合いの惣菜、

お菓子と、まるで正反対。

 

その後の会話を思い出してみると―

 

嫁さん「俺君、自炊してるの!?(驚い
た顔で聞いてくる)」

 

俺  「まぁ、料理は得意だからね。嫁さ
んは料理しないの?」

 

嫁さん「私、料理苦手だし、

カップラーメンとか便利で

美味しいから!(笑顔の嫁さん)」

 

 

 

 

俺  「あんまりそういうのばかり食べて
ると、体に悪いよ」

 

嫁さん「俺君がご飯作ってくれたら

助かるな~(軽くふざけた感じで言って
くる)」

 

俺  「材料費払ってくれるなら

作ってやるよ(ふざけた感じで返す)」

 

嫁さん「じゃあ、お願い! いくら位払っ
たら良い?」

 

俺  「はい?(本気ですか?という顔)」

 

嫁さん「はい?(何か問題が?という
顔)」

 

こんな感じの会話をしたんだよねw

 

とりあえず夕食を

作ってやることになり、

携帯の番号を交換して

アパートに帰宅。

 

小学校高学年から

料理をしていたので、

料理だけは得意な俺。

 

家族以外の誰かに食べてもらうのは

久しぶりだったので、

気合を入れて料理を作り、

嫁さんに連絡。

 

すぐさまやってきた嫁さんと2人で

夕食タイム。

 

「美味しい、すごく美味しい!」と、

見事な食べっぷりを披露してくれた

嫁さん。

 

その食べっぷりにグッときた俺。

 

夕食後、茶を飲みながら、

互いの趣味とか地元の事とか

話したりして、なんとなく良い感じに。

 

そして、朝食と夕食を作ってやる

代わりに1日650円

(朝250円、夜400円で計算)

貰う事で話がまとまり、

奇妙な付き合いスタート。

 

実は500円あれば、

十分美味いもの作れて、

余った150円は貯金していた事は、

今でも秘密だったりする

 

朝と晩、俺の作った料理を

一緒に食べる関係が始まって

3ヶ月くらい経った頃から、

かなり太めだった嫁さんの

体型が、少しずつ痩せだした。

 

カップラーメンや出来合いの惣菜の

代わりに、栄養バランスの整った

俺の料理を食べていたから、

当たり前といえば当たり前なんだけど、

 

嫁さんは凄く喜んでた。

 

嫁さんが痩せだして、

かなり美人だという事に気づいた俺。

 

食べっぷりが気に入っていた事もあって、

交際を申し込んだ。

結果はOK。

 

それから一緒に買い物に行ったり、

映画に行ったり、

大人い事もした。

 

嫁さんに料理を教え、

普通レベルにまで鍛えたのも

この時期。


大学4年の冬にプロポーズ。

 

卒業と同時に入籍。

 

式をあげるつもりはなく、

写真屋で記念写真だけ

撮ったんだけど、双方の両親から

説得された事もあって、

入籍から2年後に式をあげた。

 

2人の娘に恵まれ、今はとても幸せ。

 

嫁のことが好きになったのも、

幼稚園時代からだと自覚してる

 

ケンカの後は仲良くなって、

よく一緒に遊んでたらしい

 

ある日俺が泣きながら

幼稚園行ったら、

教室入った瞬間に嫁に

抱きつかれてキスされた

 

母曰く、その日俺は幼稚園に

行きたく無いと駄々をこねてた

らしいが、帰ってきたら、

満面の笑みで

「嫁ちゃんとキスしたよ!」と

報告したそうな

 

その話を聞かされたときは、

単純な自分が恥ずかしくて

死ぬかと思った

 

都合のいいことに、

俺はキスされたことだけは

覚えていたよ

 

え…続けますか?

 

書くのもやぶさかじゃないけど、

そろそろ穴があれば入りたい

 

小学校は校区が別だったので、

だんだん疎遠になり、

もうほとんど俺は忘れてました

 

中学に進学して、

一年次のクラスで声をかけられ再会

 

呼び名も小さい頃から

変わらない嫁は、

当時の俺には恥ずかしく、

苗字で呼ぶようにしてた

 

それでも中学三年生になるまで、

親友のように接した

 

俺が嫁を好きなことは、

周囲の勘のいい人間にはバレバレで、

早く告白しろと急かされながらも、

俺にそんな勇気はなかった

 

でも、志望校をそろそろ決める

夏休みに、男子に告白された旨を

嫁から聞いて覚悟を決めた

 

本当に怖かった、

でもしっかりと思いを伝えた

 

みんな馴れ初めがロマン溢れてて

羨ましい

 

両親と義両親の証言が正しければ、

嫁との馴れ初めは、

幼稚園の入園式でのケンカだってさ

 

椅子持って殴りあいしてたそうだ

 

当然親同士の話し合いになったらしい

…覚えてないです、

身に覚えがありません

 

紆余屈折ありて結婚に至りました

 

変なとこで書き込んでしまった、

ごめんなさい

 

その時の嫁の反応は、

俺の決意や不安の行き場を

なくしやがった

「えっ、えっ…そんな…」

 

とか言いながら目の前をうろうろ、

うろうろ、しまいには、

 

「私、どうしたらいい?」と

聞いてくる始末

 

「俺に聞くなよ…」としか

当時の俺は言えなかった

 

落ち着いた嫁から好きだと言われ、

俺は舞い上がってた

 

恐怖と不安の反動が

大きかったんだと思う

 

その場で、嫁と同じ高校に

行くことを宣言

 

当時の偏差値を考えると

狂気の沙汰としか思えん

 

もうそろそろ当時の俺を殴りたい

このくらいでいいのでしょうか

 

 

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

 

dTVならHiGH&LOW関連作品が月額500円で見放題!
今なら初回31日間無料でお試し!!
ドコモ以外もOK  初回31日間無料!
テレビ/PC/スマホとデバイスも選びません!

→詳しくはこちらをクリック←

 

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

 

 

 

 
・YouTubeはもう稼げない…
・収益化を外された…
・一向に審査が通らない…

最新版のYouTube戦略を正しく身に付ければ
まだまだ稼げます!
今なら先着無料特典を受け取れます。