馴れ初め話

【馴れ初め 気団】美人嫁、北川景子っぽい雰囲気。 凄くキレイだけど苦手なタイプというか・・・

美人嫁、北川景子っぽい雰囲気。 凄くキレイだけど苦手なタイプというか・・・

 

 

 

 

当時俺スペック

26才銀行員

チビデブ

キレイ好き

趣味はネトゲとラノベ

 

入行3年目の時、

全国から同期が集まる

研修が都内あった。

 

3泊4日だったかな?

 

 


スポンサーリンク

 


 

 

滞在期間は毎日研修終わると

大勢で飲み会やるのが通例。

 

凄く行きたくなかったけども、

 

半ば無理やり同期に連行されて

渋々参加することになった。

 

店に入るとすで凄くガヤガヤしていて

俺としては入りにくい空気。

 

また仕方なく会いてるテーブル席へ友
人と隣同士に座った。


すると目の前に座っているのは、

いかにもリア充といった感じの

美人二人。

 

特に一人はグレーのタイトスーツに

黒ストッキング、

 

茶色のロングヘアーで化粧も派手目。

北川景子っぽい雰囲気。

 

凄くキレイだけど、苦手なタイプという
か、住む世界が違うなー

という感じだった。

 

だけども正面に座っといて

無言はまずいと思いちょっとだけ

頑張る俺

 

 

 

 

こ、こんばんわー ははは・・・というヘタ
レ具合。

 

すると、さすがリア充といわんばかりに
元気な挨拶が返ってきて

質問とかたくさんしてくれた

 

俺たちなんかと話す羽目になってごめ
んよ!と

 

心の中で思いつつも会話は

進行する中、

 

「俺くん、かっぷくがいいね!かっぷく!

なんかもりもりスポーツやってたんです
か!?」

 

という良くわからない言葉で

質問がきた。

 

ずっと柔道やってた俺は

そのまま返答すると、

 

景子の友達が「えー!景子の好きなパ
ターンじゃん!」と。

景子も「やっぱり男はラグビーか武道の
2択だよ!ステキステキ」と続く。

 

俺の中で激しく※のマークがよぎった
が、

キレイな人にそう言ってもらえて

正直嬉しかった。

 

会話は続き、特技の話になる。

 

景子は小さい頃から

ピアノが得意らしい、

景友もピアノ、俺友はキャンプ的なこと
と嘘をつく。

 

俺は当然柔道と答えようとするが

「柔道以外でね」と

釘を刺されてしまう。

本当に困ったが、

 

ここで詰まったら

ノリがわるくてつまらん奴と

思われてしまうと焦った俺は、

手品と答えた。

 

先週実家に帰った時に

弟にいっこ教えてもらっただけで、

全然得意ではないが背に

腹は代えられなかった。

 

弟がやったときは二人で

キャッキャはしゃいだが、

今回は盛り上がるか不安だった。

 

ドキドキしながら一生懸命に

手品をやる。

 

しかし緊張のあまり途中で

ミスって肝心のコインを

落とすという失態をおかす。

 

その時に素で「あだぁ!」

という奇声を上げてしまい

死にたくなるが、

 

それがよっぽど面白かったのか

みんな腹を抱えて笑ってくれる。

 

「なになにその声wwwwねえねえwはは
はwww」と

 

涙を拭きながら笑う景子が

またステキだった。

 

その日は盛り上がって解散。

 

居酒屋から宿泊先に帰る時も

景子ととなりだった。

 

「俺くん彼女いるの?」

さっきまでと違って

落ち着いた雰囲気で話しかけられる。

 

「いない」と正直に俺。

会話が続く。

 

「そっちは?いるの?」

「気になるー?w」

「特には!」

「何その言葉w私はいるよーw」

「い、いいじゃん!」

「でしょ~」

こんな感じの会話をしながら

宿泊先に到着。

 

彼氏がいると聞いて、

 

凄くイケメンな人なんだろーなーと

考えて少し落ち込んだ

 

色んな感情でいっぱいになって

よく眠れなかった。

 

翌日も研修がはじまる。

 

ずっと景子を探しては目で追ってた。

 

そして休憩中の喫煙所で

男だけのトークがはじまる、

昨日の件についてだった。

 

友「君に伝えなければならないことがあ
る、心して聞きたまえ。

 

景子ちゃんの友達から

仕入れた情報によると、

景子は君のことを気に入ったらしい」

 

俺「まじんがー!?」

友「よかったな、本当に。

今夜もご飯誘ってこいよ。

二人でいく?それとも俺もついてく?」

 

俺「どっちでもいいけどなーお前も行き
たい?」

友「いや全然」

俺「そんじゃ一緒に来てください」

 

友「行きたくないって行ってんじゃんwww

この会話おかしーだろwwって

言ってほしいの?」

 

俺「ぐぬぬ」そんなこんなで

その日は男女三人ずつの6人で

カラオケへ。

 

どんな顔して合えばいいのかと

ドキドキしたけど、

 

景子はいたって普通に接してくる。

 

すごく大人に見えた。

 

その時も周りの気遣いで隣に座った。

 

景子は歌がすごく上手だった。

 

途中で「はい、俺くんも何か曲いれな
~」とデンモクを押し付けてくる。

いい匂いがした。

クロエ?の香水らしい。

 

選曲としては、まずアニソン全力熱唱を
自分の中で完全排除した。

 

そこで閃き、「景子はどんな歌が好
き?」って聞いてみると

「楽しくなれる曲!」と。

 

悩みに悩んだ、1分で脳を

フル回転させる。

 

画面に予約した曲が表示される。

 

CHA-LA HEAD-CHA-LA/影山ヒロ
ノブ

 

事前に弟に電話して

ヒアリングしたところによると

 

「全てを吹っ切ることが全て」という

アドバイスをもらってたため、

 

恥ずかしかったが、全力で歌った。

立って歌った。

 

スッパーキンッ!のところまで全力で。

歌は下手じゃないと思う。

 

皆が盛り上げてくれたおかげで

かなり盛り上がった、

 

景子も楽しそうに笑いなが

パチパチと肩を叩いてきて

 

「面白かったよー!wうんうんw」と言っ
てくれて嬉しかった。

組んでる脚がセクシーだった。

 

「なんかリクエストある?」って聞かれた
から、

 

優しさに包まれたならを

リクエストすると、

 

上手に歌ってくれて聞き入った。

 

歌い終わると男のふっとい声で

「ドッドーリアっ!ドッドーリアっ!」と

 

謎のドドリアコールで

お酒がなぜか俺の前に運ばれる。

 

景子や景子の友達も一緒に

ドドリアコール。

 

頑張って飲んだ。

 

飲み終わると「ドドリア男前!」と

隣の景子に言われて喜んだ。

 

「ドドリアってなにー?」とも聞かれたの
で、

 

「デリバティブみたいなもん」と

答えといた。

 

そしてカラオケ終了の時は

ベロベロに俺はよってた。

 

また、帰りは隣同志で歩いた。

 

景子「ちょー楽しかったね!」

 

遊び慣れてるだろうに、

でも本当に楽しそうだった。

 

俺「うん!でももう

会えなくなっちゃうのがアレだね!」

 

景子「また皆で遊びに行きたいね」

 

因みに男勢は大阪で、女勢は東京。

 

そこで今度泊まりでUSJに

行こうって話になる

 

ドドリアさまwww 

なんかこれを貼りたくなった。

 

一昨日の昼に友達二人と

こういうファミレスに行ったとき

 

混んでたから名前書いてもらって

待ってたら

 

暫くして「三名様でお待ちの 

フ、フリーザ様?」って呼ばれて

 

小声で「こういうの書く奴必ずいるよ
な」って言ったら、

友達がいきなり

 

「さぁ!行きますよ!ザーボンさん、

ドドリアさん!!」

って立ち上がった。

 

どうせ社交辞令だと思っていた。

 

最後の最後、研修はプログラムを

全て終えてまた6人で駅に向かう。

 

キレイな人と並んで歩いて、

少し強くなった気がした。

 

いつもいい匂いがするので、

思い切って言ってみた

 

「景子いっつもいい匂いだなー」

 

「なになに?もっとほめてーw」と

体をグイグイ寄せてきた。

 

すごくドキドキしたし、

なんだか嬉しかった。

 

首をかしげながら笑顔で

顔を覗き込まれると、

 

照れてしまいひたすら前を

向いて歩くことしかできなかった。

 

ついでにこんなことも聞かれた?

 

「どんな女の子がタイプなのー?」と。

 

ルイズ一択だったけど、

それは言わなかった。

 

「優しい子かなー」と。

 

「なにー!きさまー!嫌味かー!」と

オーバーなジェスチャーで迫ってきて、

つくづく楽しい人だなと思った。

 

その時連絡先も交換した。

 

駅の改札をくぐると、

本当にお別れの時。

 

今度はいつもと違う落ち着いた笑顔で

 

「楽しかったよ、ありがとう。

明日からまたお仕事頑張ってね」

 

と言ってくれた。

 

何か特別なことを

言ってくれるんじゃないかと

期待してた俺は少しだけガッカリした。

 

帰りの新幹線では同期に

いっぱい褒めてもらう。

「よかったな!あんなキレイな子に気に
入られて!

◯◯支店の景子ちゃん、

結構かわいいって有名らしいよ!

 

親も◯◯の役員らしいよ、

もう完璧だな」と。

 

育ちもいいのかと感心したが、

 

別に自分のものになったわけではなかっ
たので複雑だった。

 

帰りの新幹線で周りは爆睡する中俺は
一人考えていた。

 

相手は超絶イケメン彼氏がいるし、

これは楽しい夢だったんだ。

 

忘れよう。

 

少なくとも希望は持たないことにした。

 

とりあえず家について弟に電話して相
談した。

 

「いけるいける!いい女なんて365日彼
氏いるんだから!

待っててどうすんの!w奪いに行かない
と!

君はもうその人と付き合って

結婚した方がいい!いや冷静に!

 

はっきり言おう、

二度ともう現れないよ。

 

きこえる?そんな女は

もう俺くんの前に二度と現れない」と

 

ひどいこと言う奴だなと思いつつも、

実際弟の言うとおりだった。

 

すると翌日、意外にも、

景子から電話がかかってきた。

 

「元気?USJ忘れてないよね?」と。

 

舞い上がったがここは冷静に

「覚えてるよー」と。

 

「皆で話したんだけど、来月の三連休
は?いける?」

ガラ空きだったが、

 

少し間を置いて「いけるよー、みんなに
も確認しとくねー」と。

 

しかも一泊していくらしい。

すぐさま弟にry

 

俺が幹事になってしまったが、

一度もUSJに行ったことがないので、

 

職場の後輩(男で同じくチビデブ)を連
れて下見に行った。

 

バックトゥーザフューチャーが楽しくて2
人でTシャツまで買ってしまった。

.
USJ当日までに、

景子と何度かメールした。

 

自分自身が調子に乗らないように

わざと素っ気なくしたりした。

 

すると「メールつまんない?まあ忙しい
か!ごめんね」とメールがきた。

 

弟曰く、それは相手を引きつけてしまう
上級者向けの高等うんたらとのこと。

 

よくわからなかったけど、とにかく風向
きは最高らしい。

 

そしていよいよ当日を迎える。

 

入口で6人が再開。

 

景子が目の前にたっている。

 

ひたすらキレイだった。

 

「やあドドリアさん!w」と景子。

「ドドリア・・・さん?」

 

後で男友達に聞いてフリーザの手下と
聞いたとのこと。

 

その後は特別なこともなく、スムースに
楽しい時間が過ぎる。

 

バックトゥーザフューチャーのTシャツをま
た買ってしまう。

 

すると、景子も「これいつ着るの?w」と
いいながら

 

「私も買っちゃおう!」といって違う種類
のTシャツを買ってた。

 

おそろいだと、喜んだ。

USJを出て今度は夕食へ。

 

そこで意外な発言。

 

景友「今日は景子の傷心旅行でもある
ので、盛大に!カンパーイ!」と。

 

彼氏と別れたらしい。

 

えええええっと男ども。

 

景子はそれでも笑顔で楽しそうだった。

 

俺はゲスいがはっきりいって嬉しかった、
やったチャンス到来!と。

 

食事が進むと、店内が暗くなり音楽が
流れはじめる。

 

今日は俺の誕生日だった。

 

皆で歌ってくれて、

 

本当に嬉しくて泣いた。

 

「ドドリアさん戦闘力27万おめでとう」
とプレートに書かれてた。

 

文がが長すぎて文字がちいさかった。

店員は失笑だっただろうな。

 

思う存分騒いで

いよいよ楽しい時間も終わり。

 

本当は告白したかったけど、勇気がでな
かった。

.

それぞれ別々のホテルへ。

 

景子は最後の最後まで

手を振ってくれた。

 

笑顔だったがどこか

不満そうにも見えた。

 

ホテルに帰って悶々としてると、景子か
ら電話があった。

 

何やら深刻そうな感じで「・・・今から会
えない?」と。

 

すぐに会いに行った、弟には電話しな
かった。

 

友達のエールを受け景子の宿泊先のホ
テルの近くの公園へ

 

そこで、呼び出してごめんねーだの

色々前置きがあっていよいよ本題へ。

 

相変わらずいい匂いがした。

 

二人でブランコに揺られながら、

 

しばらく沈黙が続いたあと、言いにくい
そうに。

.

「大好きになりました、私と付き合ってく
ださい」と。

.

夢のようだった。

 

経験したことのない喜びだった。

こんなにキレイな人が告白するなんて。

 

即答でオナシャス!と返事。

 

そのまま順調に付き合いがはじまってす
ぐに結婚しました!

今でも最高に幸せです!

 

ネタじゃないですけど、長々と駄文失礼
した!

 

本当に読んでくれた人ありがとう!

 

 

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

 

ウォーキングデッド8が
dTVで日本最速配信決定!
さらに!先行オンライン試写会!
このチャンスを見逃すな!

→詳しくはこちらをクリック←

 

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

 

 

 
・YouTubeはもう稼げない…
・収益化を外された…
・一向に審査が通らない…

最新版のYouTube戦略を正しく身に付ければ
まだまだ稼げます!
今なら先着無料特典を受け取れます。