馴れ初め話

【馴れ初め 気団】俺(当時高校生)、姉、嫁の3人で、当時彼女(同い年)に復讐?

 

俺(当時高校生)、姉、嫁の3人で、当時彼女(同い年)に復讐?

 

 

 

 

彼女は俺と同い年で同じ高校の女子

俺から告白して付き合ったんだけど、

俺の初めての彼女だった

 

俺は付き合った当初から

彼女にベタ惚れだったし、

 

彼女も俺のことを好きだと言ってた

 

だけど、そんなある日、

彼女が俺に対してとても冷たくなった

メールしても返してこない

 

 


スポンサーリンク

 


 

 

電話しても取らない

理由を聞けば忙しかったって言われてた

そしたらある日、

友達がショッピングモールで

他のクラスの男と歩いているのを

見かけたらしい

 

彼女に問い詰めたら、

あっさり白状したよ

それどころか、罵倒された

 

・アンタといても楽しくない

・彼(間男)の方が優しいし、何よりセク
ロスが上手

・つまんないアンタよりも、彼の方が数
倍いい

・別れたいなら勝手にすれば?私はこれ
からも彼と遊ぶから

こんな感じ

 

俺は凄まじくショックだった

その時は何も言い返せず、

 

ほくそ笑んで帰ってく彼女を

立ち尽くしたまま見送った

 

家に帰って自分の部屋で号泣した

 

泣きまくってたら、仕事から

帰った姉に声を聞かれた

何があったのか聞かれたけど、

寝とられたとか恥ずかしくて

言えなかった

 

それでも問い詰められて、

全部白状した

 

姉は激怒していた

 

そんな女とは付き合うことはないって

言ってくれたけど、

 

何よりも俺のプライドとか

彼女への気持ちとかがズタズタだった

 

そしたら、姉が俺に言ってきた

 

「アンタのプライドがズタズタに

なったんなら、相手のプライドも

ズタズタにしたらいい」って

 

でも、正直そんなのは無理だった

 

彼女は可愛かったし、

学校ではモテモテだった

 

むしろ付き合えた方が奇跡に近かった

俺がフッたとしても、

 

 

 

 

鼻で笑われて彼とすぐに

付き合うことは目に見えていた

 

それを言ったら、

姉は誰かに電話し始めた

 

しばらくしたら、家に姉の友人が来た

それが嫁

 

自慢になるが、

嫁は凄まじく美人だった

 

見て鳥肌立ったくらいだった

 

そんな嫁に、姉は俺の復讐を相談した

 

当時嫁は、男に浮気されて

別れたばかりみたいで、

姉の申し出を快諾した

 

当時はこんな美人の

彼女がいるのに浮気する男ってのが

理解出来なかったな

 

そっから俺と姉と嫁は作戦を練った

 

そして作戦が決まったある日、

彼女と彼を学校近くの

ファミレスに呼び出した

 

「別れようと思うから、

最後に彼とファミレスに来てほしい」って

メールしたら、

「別にいいけど」って返って来た

 

向こうからしたら、

逆に俺をバカにするつもりだったようだ

 

待ち合わせの時間に

ファミレスに行ったら、

彼女はまだ来てなかった

 

ていうか、待ち合わせ時間から

20分くらい経ってようやく来た

 

もちろん、噂の彼も一緒だった

彼は男の俺から見てもイケメンだった

 

でも、何となく男から

嫌われそうな感じだった

 

で、俺の真向いに座った彼女と彼は、

目の前に俺がいるのに

べたべたしてた

 

腕組んだり、俺のことを

ニヤニヤ見ながら耳打ちして

クスクス笑ったりしてた

 

見てて凄まじく腹立ったけど、

とりあえず切り出した

 

俺「ねえ、改めて聞きたいけど、

これってどういうつもり?」

 

彼女「はあ?見て分からない?

私は彼の方が好きなの。

 

むしろ、アンタなんてどうでもいいの」

彼はニヤニヤしてた

 

俺「じゃあ別れるんだね」

 

彼女「好きにしたら。言っとくけど、

私はもう彼と付き合ってるから。

勝手にすればいい」

 

そこまで言われて、俺は電話した

相手はもちろん姉

そして、作戦を決行した

 

しばらくしたら、

俺の席にとある女性が来た

 

凄まじく美人で、

服もかなり可愛い

 

職業モデルとか言っても

みんな信じるレベル

 

それは嫁だった


嫁「俺くんお待たせ~」

 

ヒラヒラ手を振りながら、

嫁は俺の横に座った

 

彼女は絶句してた

彼はぼけーっと嫁を見てた

 

嫁は俺にメチャメチャベタベタ

してきてた

 

俺、凄まじく照れまくりだったけど、

出来るだけそれを隠した

 

で、嫁が彼女に言った

 

嫁「へえ……この子が俺くんが

遊んであげてた子?」

 

俺「まあね。ただ、俺どうもフラれるみ
たい」

嫁「俺くんがフラれるの?なんで?」

俺「さあ。彼の方が好きになったらしい
よ」

嫁「もう……だから言ったじゃない。

俺くんには、私がいるって」

 

俺「ごめんごめん。ただ、

同じ年の人と付き合ってみたかったんだ
よ。

まあ、もういいけどね」

 

ここまで練習通り

相当緊張したけど

そして俺と嫁は席を立った

 

でなんかメチャメチャ睨んでた彼女に

最後に声をかけた

 

俺「ソイツと付き合いたいんだろ?

どうぞお好きに。じゃあ嫁、行こうか」

 

嫁「うん!」

腕を組んだまま俺と嫁は店を出た

 

そんで嫁が運転する車で店を後にする

 

席は道路沿いの席にしてたから、

窓を開けて彼女に手を振ってた

 

そっから帰ってまた泣いた

 

姉と嫁は二人で俺を慰めてくれたよ

 

次の日、なぜか彼女に呼び出された

 

なんか色々言われたよ

私が好きじゃなかったのかとか、

あの女と浮気してたのかとか

 

お前が言えることじゃないだろの

一言で終了

 

それで最後のトドメ

 

彼女と彼が帰る時間を

見計らって嫁が車で学校近くで待機

 

二人の後ろを密かに歩いていた俺に

嫁が手を振った

 

俺が小走りで二人を追い抜いて

嫁の車に乗り込んで走り去った

 

彼女も彼も、立ったまま動かなかったな

こうして俺の復讐は終了

 

でもまあ結局俺凹みまくってたけど

 

そしたら、嫁が色々励ますために

遊びに連れてってくれた

 

そっから付き合って、結婚したよ

 

つまらん話だったな

 

普通に映画とか見に行ったり、

飯も食ったりしたよ

 

姉の友人ってこともあって、

俺の両親ともかなり仲良くしててな

 

高校卒業してから俺から告白したよ

 

で、大学卒業して就職決まって

プロポーズ

 

考えてみれば、

嫁にはかなり待たせてしまったな

 

プロポーズの時は28歳だったし

 

それまで待っててくれた嫁には

感謝してもしきれないよ

 

 

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

 

ウォーキングデッド8が
dTVで日本最速配信決定!
さらに!先行オンライン試写会!
このチャンスを見逃すな!

→詳しくはこちらをクリック←

 

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

 

 

 
・YouTubeはもう稼げない…
・収益化を外された…
・一向に審査が通らない…

最新版のYouTube戦略を正しく身に付ければ
まだまだ稼げます!
今なら先着無料特典を受け取れます。