馴れ初め話

【馴れ初め 気団】嫁「新手のナンパかと思いました。でもありがとう。お話してくれて」そして・・・

 

嫁「新手のナンパかと思いました。でもありがとう。お話してくれて」そして・・・

 

 

 

 

出会った時の年齢 俺21歳 嫁22歳

出会いけいにハマりまくっていた

A男という女遊びの派手なやつがいた

 

A男とはサークルが同じ

ある祝日、駅前に買い物にいくと

駅近くの橋でA男を見かけた

 

俺に気付くなりニヤニヤした顔で

「今日面接なんだよ」と一言

 

バイトかなにかだと思ったら

女の子と対面することを

称してそう言っていたらしい

 

ただの興味本位で聞いてみたら

教えてくれた

 

 


スポンサーリンク

 


 

 

女の子とは2時半にタクシー乗り場の

前の時計台で待ち合わせ、

目印は薄紫のカバン

 

時計はすでにもうすぐ

2時半になろうとしている

 

A男はこっちの橋でタクシー乗り場を

見ていた

 

俺は買い物行くわと伝えたが

「せっかくだから見てて」と

付き合わされた

 

A男が見ているそこには、

薄紫といえるかどうか

微妙な色のピンクよりの

カバンをもった女の子が一人

携帯を触っている

 

 

 

 

そしてもう一人、

まあ薄紫だろうと思える

カバンをもった女の子が座っていた

 

しばらくして、携帯を触っていた

女の子は誰かと歩いて行ってしまった

 

それを見届けたとたんA男が

「アウト」と笑った

 

もし前者なら今日デートする

つもりだったらしい

 

いまも座っている薄紫のカバンの子は、

おそらく今日待ち合わせしている

子だと思うが好みじゃないと

A男は言った

 

じゃあまた明後日な、

と俺に言ってA男は

帰って行ってしまった

 

くだらない待ち合わせに

付き合って損をしたと思った

 

俺は買い物に行った

エレベーターを待っているとき、

出会い系なんてやっている

女の子はやっぱり軽いんだろうなと

考えていた

 

靴屋やCDショップ、

本屋をうろうろして、

出たときにはちょうど

一時間ぐらい立っていた

 

雨が降っていたから

傘をさしてビルを出た

 

時計台の前を通ると、

さっきの薄紫のカバンの子が

傘をさして立っていた

 

気が付いたら俺は彼女に

話しかけていた

 

何だかんだでその子は

俺と友達になってくれた

 

何だかんだで俺にとって

必要になったので嫁にきてもらった

 

多少はぼやかしてあります

 

交際に至ったまでをぼちぼち投下

 

何だかんだの部分が

ややこしいので予めお許しを

 

結果的には俺のナンパなんだ

 

俺は、A男にすっぽかされたのを

知らずに嫁がA男を

待っているんだと思った

 

A男にもし「行けなくなった」と

伝えられていたとしたら

今でも待ってないんじゃないかなって

 

わざわざ傘をさしてまで、

現れるはずの男をただ

待っているであろうあの女性に、

 

一言伝えておいた方が

いいんじゃないかと

声をかけたつもり

 

嫁は派手な感じが全く無くて

何かユニクロの人みたいだった(当時)

 

あんな人もA男みたいなのと

遊んだりするものなのかと思った

 

先にいっておくと、それは俺のはずかし
い勘違いに終わった

 

嫁はA男と待ち合わせていた子ではな
かった

俺がそのことに気づいたのは

嫁の反応からだ

 

俺「すみません」

嫁「?」

俺「待ち合わせをされてますよね」

嫁「・・・?(不思議そうな顔)」

俺「あれ、違いますか」

嫁「人と約束はしていますよ?」

俺「A田A男ですか?」

嫁「?(苦笑)」

俺「あれ・・・」

嫁「えーっと、どちらさまですか(;^_^)」

俺「A男のことご存じないですか」

嫁「さ、さあ・・・」

 

嫁からすれば俺が完全なる

不審者だったらしい

 

そのときの俺は、

一つのことしか考えていなかった

 

あいつたしかに薄紫って言ってたよな、

 

別人か?この子じゃないのかと

嫁のカバンを見ていた

 

気まずくなって口からでまかせで

こんな具合のことを言った

 

はじめは、恥ずかしくて

勘違いをごまかしたかっただけだった

 

嫁「待ち合わせされてるんですか?」

俺「あーはい。まあ・・・」

 

俺「友達が、薄紫色のカバンの子と

約束しているっていってたんですが

彼来れなくなったんです」

 

俺「それでそいつの代わりに

俺が伝えにきました」

 

嫁も納得したのかしてないのか

よくわからん顔で

「わざわざ大変ですね」と頷いてた

 

もう嫁がどこかよそ見している間に

俺も消えて帰ろうかと思った

 

嫁「じゃあまだお会いできて

ないんですね」

 

嫁「私もまだまだ来ません」

 

俺「一つ聞いていいですか?」

嫁「はい?」

 

俺「同じ色だったんで

気になったんですが

あれから長い間待たれてるんですか」

嫁「見られちゃってましたか、そうです」

 

嫁はずっとその場に

留まっていたわけではなくて

 

理由があって遅れた

待ち合わせの相手が

もうじき着くとわかったので

また建物から出てきた

ところだったらしい

 

俺「それだけ待ってたら

お疲れですよね。気が長いんですね」

 

嫁「長くはないですよ(苦笑)

可愛い子のためなら待てるんです」

俺「ははは」

嫁「お友達のために大変ですね。

やさしいんですね」

 

俺知らない人にてきとうな

ウソついてこんなとこで

何やってるんだと思った

どうせ暇だったんだけど

 

何十分か話してて気が付けば

雨が止んでた

 

道端の人と話すのも

自分にしちゃ珍しかったので、

そのまま嫁と連休ですねだとか、

電車の中が混んでいたとか、

ありきたりなことを話し続けてしまった

 

学生さんですかというから

「そうです」って大学名を答えたら、

嫁が「後輩が行ってます」ってことも

教えてくれた

 

今日一緒に待ち合わせの人と

映画観るつもりで、

上映に間に合わなかったという

小言を聞いたりもしていたんだけど、

話していて思った

 

この人が、A男と約束していた

女の子じゃないということは、

A男のやつ、この全く関係のない女性を

勝手に好みじゃないと

判断して帰っていたわけなんだよなーと

そこに呆れた

 

A男の好みはどうでもいいが、

この人は気さくで

おだやかそうな人だと思った

 

話していたときに立ち上がった嫁が

苦笑いしながら「あの子です」と言った

 

見たら橋のほうから女性が

手を振りながら近づいてきてた

 

嫁「おーい!寝ぼすけ!(笑)」

嫁は叫んでいたが怒りもせずに

嬉しそうに笑ってた

 

嫁のことがいつから好きだったかは

正確に覚えてないけど、

このとき笑った顔が

とにかくかわいかった

 

俺は人生で初めてのナンパをした

 

「またお話したいので

嫌じゃなかったら

連絡先交換してください」

 

へ?って顔してる嫁に携帯をさし出した

 

地面に自分の携帯落っことしつつも

応じてくれた

別れ際、嫁は笑いながら

 

「新手のナンパかと思いました。

でもありがとう。お話してくれて」

 

こんな感じのこと言ってた 

確実にひかれたなと思った

 

それから話したくなって電話した

 

仕事をしているといっていたのを

思い出して

 

週末の夜ぐらいに電話をかけたと思う

 

文字にすると普通だがかけるのに

ドキドキしすぎて何度か

途中押しで取りやめた

 

電話ごときでこんなに

緊張するのは久しぶりだと思った

 

お茶に誘ったら、

笑われつつも都合が合えば

という感じの返事

 

こりゃ流されそうだと思い、

空けますんで教えてと聞いたら

教えてくれた

 

名前や住んでいる場所が

そんなに離れていないこと、

好きなもの、俺も嫁も早生まれなこと

とか色々聞きあってわかった

 

あとで聞かされたけど、

嫁から見て初対面の俺は

ナンパしそうな雰囲気の人に

見えなかったようで

最後の最後でびっくりしたらしい

 

俺の耳らへんが紅潮していたらしくて

ナンパ慣れしているようにも思えず

「お茶ぐらいだったらいいか」と

思ったんだと

 

それはやさしさだったとして

 

こっちもチャンスは

いかしたかったので、

2回目も約束とりつけた

 

3回目だったか4回目だったかは

何故か嫁から映画に誘ってくれた

 

電話するようになった以後、

たまに会ってくれるようになった

 

付き合ってもいないのに

嫁の言動に一喜一憂して

勝手に疲れるという痛い俺

 

卒業旅行の土産をあげたら、

嫁が誕生日プレゼントくれたり、

嫌いだったらしないよなー

望みはあるかもしれないと

思える出来事は何度かあったが、

 

友達が「彼氏いるのに

居ないふりする子いるよな、酷いわ」

なんて話してるの聞いて自信は

崩れ去るし、

間接的に、嫁の好きなタイプは

俺とは程遠いと知ったりで

なかなか踏み出せなかった

 

俺が忙しくなって次会うまで

間が空いてた

 

久し振りに会えた日に

告白しようと決意した

 

会話は方言の部分なおしているから

読みにくくてすまない

 

俺「さっき言っていた話そうと

思ったことっていうのはですね」

嫁「うん?」

 

俺「俺の知り合いで、

出会い系もやっている

チャラい奴がいるんだけど」

 

俺「俺があの日嫁さんに

話しかけたのはそいつが関係してる」

嫁「ん?どういうこと」

 

俺があの日嫁に話しかけたいきさつを
話してみた

(ただしA男がアウトと言った部分は

除いてA男が気まぐれで

帰ったことにした)

 

俺「まあその、つまり新手の

ナンパをするつもりで話しかけた

わけじゃないんです」

 

嫁「待ちぼうけになっているなら

かわいそうだと思ったってことかな」

 

俺「うん、だから嫁さんがてっきり

その子だと思った」

嫁「へええー」

 

(略)

 

俺「なので新手のナンパとかじゃなくて、

誰それ構わずお茶誘ってる

わけじゃないよ」

 

嫁「何回言うの(笑)気にしてたんだ。

ごめんよ、それは前にも

言ってくれてたしわかるよ」

 

俺「まあ嫁さんはナンパしちゃったんだ
けど」

嫁「ははは」

 

俺「嫁さんと話してると

楽しいしそれに(略)」

俺「えっと、つまり」

嫁「うんうん、がんばれ」

 

俺「がんばれって・・・w」

 

結果、嫁さんが好きですまで

言い終わる前に、嫁が

「やったー」「よろしくお願いします」と
言ってた

 

俺の態度は相当わかりやすかったらしい

付き合うまではそんなんでした

 

長々と投下してすんません 

紫煙ありがとう

 

あとこれは余談で

 

A男は俺と別れたあと

帰り道にちゃんと断りの

電話は入れていたらしい

 

断りの電話をいれたら女が

普通に出てきて

 

私まだ家だけど、

今日雨だしやめにしないかって

言われたらしい

(あのあとどうしたって聞いたら

A男はなんでそんなこと聞くのって

顔してた)

 

 

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

 

ウォーキングデッド8が
dTVで日本最速配信決定!
さらに!先行オンライン試写会!
このチャンスを見逃すな!

→詳しくはこちらをクリック←

 

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

 

 

 
・YouTubeはもう稼げない…
・収益化を外された…
・一向に審査が通らない…

最新版のYouTube戦略を正しく身に付ければ
まだまだ稼げます!
今なら先着無料特典を受け取れます。