馴れ初め話

【馴れ初め 気団】台風の夜、ずぶ濡れの嫁を泊める。立派な白桃がTシャツの襟元から見えそう…

 

台風の夜、ずぶ濡れの嫁を泊める。立派な白桃がTシャツの襟元から見えそう…

 

 

 

 

ヨメ、俺の自宅近くにある

深夜営業スーパーに高卒で入社して

3年目。

 

俺、大学出て機械メーカー子会社の

メンテナンス会社に入って5年目。

 

メンテ会社は24時間体制の

シフト勤務で、当時独身の俺は

ほとんど16~24時の夜番。

 

 


スポンサーリンク

 


 

 

手当もつくし仕事に

文句はないんだけど、

終わると夜中の12時すぎ。

 

世の中と真逆の時間帯の生活で、

遊ぶどころか電話する相手すら

いない。

 

料理が好きなんで会社帰り、

そのスーパーにほぼ毎晩

買物に立ち寄る。

ヨメも似たような状況。

 

俺と出会う少し前に

夜シフトの責任者になってから、

毎日毎日自分の部屋と会社の

往復だけの尼さんみたいな

生活だったと。

 

結婚した同期(事務方・通常勤務)に

「彼女欲しいんなら出会いは自分から
探せよ」と言われるが、

自由時間が夜中と昼間だけで

誰と出会うんだよ、

俺が顔合わせる女の子なんか

スーパーのレジのあの子ぐらい…と
ちょっと意識しだす。

 

 

 

 

ヨメの方もほぼ毎晩店に来る

俺の顔覚えて、この人、

水商売じゃないみたいだけど

毎日夜中まで何の仕事してるんだろ?

と興味をもつ。

 

そのうち、会うたび軽く

会釈などするようになり、

ある時ヨメの方から

俺の買物を見て「カレーですね?」と

話しかけてくれる。

 

女性とめったに話もしない

生活なんでちょっと

動揺(悲しい)しつつも

「カレーおいしいですよねー」と

ニコニコするヨメをけっこう

可愛いよな?と思ってしまう。

 

それがきっかけで、

レジで顔を合わせるたび

二言三言雑談したり、

冗談言ったりするようになる。

 

雑談しながらヨメが

フリーであることも確認する姑息な俺。

 

で、ある夜、他の客がいないのを

確認してレジに並び、

意を決して声をかける。

 

「俺さんこんばんはー、お仕事おつかれ
さまでーす」

「ヨメ山さんもおつかれさん…あのさ、

ヨメ山さん今日仕事何時に終わる?」

「はい?」

 

「いや、迷惑かもしんないけど、

…ヨメ山さんともっとお話ししたい」

「…」

「…ダメ?」

「うーん、じゃあ2時すぎぐらいに上がり
ますから、

裏口で待っててください」

 

考えたら俺すげえ不審人物。

 

深夜1時に「お話ししたい」とか

我ながらキモいが、ヨメは毎晩

こまめに買い物する俺を見てて、

まあ悪い人には見えないから、

とOKしてくれた。

 

待ち合わせしたはいいが

深夜2時に開いてる店も少なく、

深夜営業のファミレスで

遅い晩飯を食べる。

 

ヨメも友達と時間帯が

合わない生活で、会社の人以外と

話すのは久しぶりです、だと。

 

若い女の子なのに可哀想すぎだろ…。

意気投合して朝5時の閉店まで

話し込み、メアドと電番を交換する。

 

その後、毎日昼すぎに

「起きたー?」とかメールしあうように

なり、週2、3回ファミレスや

居酒屋などで仕事終わりの

深夜デートをする仲に。

 

でも毎回盛り上がった頃には

朝になっちゃうんで、

色っぽい展開にはなかなか持ち込めず。

 

店出たら通勤の人が

歩いてたりするんだもん。

 

3ヶ月ぐらいして台風が来た夜のこと。

 

会社からずぶ濡れで帰宅したら、

ヨメからメールが来てる。

 

「原付で帰るの無理そうなんで、今晩泊
めてもらえませんか」

 

夜はヨメの他に2人ほど

バイト君がいるんで、

帰れない連中がまとめて

泊まりに来るんだろうと部屋を

片付けて迎えに行くとヨメしかいない。

えっマジっすか?

 

二人きりっすか?それなんてエゲ?

とか頭ぐるぐるしながら、

暴風雨の中、ヨメを部屋へ連れて帰る。

 

二人ともずぶ濡れだがヨメは

着替えもないんで、

俺のTシャツと短パンを貸して

シャワー浴びてもらった。

 

風呂上がりのヨメは

肌が上気してるし、

ノーブラで意外に立派な

おっ〇いだし、

「図々しくすいません、本当にありが
とうございました!」と

頭を下げると男物の

Tシャツの襟元から中が見えそうだし、

短パンからは白い太腿だしで

まあけしからんほど色っぽかった。

 

頭の中はピンク色全開だったが、

ヨメがあんまり無防備なのと、

こういう状況になったからって

すぐ手を出すのは男としてダメだろ!

という考えで、

「よし明日も仕事だし寝よっか!

ヨメ山さんこっちで寝てね!

俺あっちで寝るわ!」 と事務的に

言い切って客用の布団を敷く。

 

俺は枕とタオルケット持ってキッチンへ。

電気を消す。外の風の音がすごい。

 

悶々としながらも仕事疲れで眠くなり、

うとうとしてたらヨメが

話しかけてきた。

 

「俺さん、起きてます?」

「…ん、どうしたの?」

「…あの、風がすごい強くて怖いんで、

こっちで一緒に寝てもらえませんか」

 

負けないでボクの自制心!とか

思いながら、

ヨメの布団のそばに横になる。

 

「台風すごいー」

「大自然怖いよなー」とか

話しているうち会話が途切れた。

 

暗い中、ヨメがこっちをじっと見て

「…俺さんって良い人ですよね」

 

「…いや、白状するとヨメさんかわいい
から、

自制心がすっげえ戦ってるの」

「…」

「…」

「…」

「…いいの?」

 

ヨメがちょっとうなずいたのを見て、

自制心終了。

 

なるようになってしまった。

 

ヨメは覚悟もしてたけど、

俺がいきなり押し倒したり

しなかったことが嬉しくて

「この人いい人だ!この人なら

大丈夫!」という気になったんだと。

やせ我慢はするもんだ。

 

それがきっかけで、

2DKの俺の部屋で半同棲みたいな

ことになる。

 

一緒に暮らしているのが

義父にバレてぶん殴られたり、

勢い一発でプロポーズしたりで

去年の春に結婚。

 

子なし・共稼ぎ・夫婦で

昼過ぎに起きる逆転新婚生活を

絶賛継続中。

 

義父はガタイよくて、

カラテ映画の倉田保昭に似てる人。

豪快。

 

同棲始めて1ヶ月ぐらいの頃、

隣県住みの義父が仕事のついでに

予告なしでヨメ宅を訪問。

 

ヨメが帰って来ないんで

心配になった義父、

ああヨメは夜勤だったなと

思い出し、ヨメの仕事が終わるころに

勤め先にやってくる。

 

店から出てきたヨメに

声をかけようとしたら、

怪しげな若い男(俺)が

ヨメを迎えに来て、

二人で知らないマンションに

入っていくではないか。

 

頭に血が登ったお父さん、

エレベーター前でその怪しい男を

とっつかまえて「何だお前は!」と

言いながら右メガトンパンチ一発。

 

俺、何が何だかわからず

鼻血出して呆然。

 

ヨメが「お父さん!」と止めるのを見て
やっと事態を把握する。

 

通りかかった他の住人が

警察呼びましょうかとか

言い出したので、カンカンに怒ってる

義父をヨメが泣きながらなだめ、

俺の部屋へ連れて行く。

 

怖い顔の義父の前で、

俺、正座して申し開き。

 

俺「初めまして俺中と申します、

○○という会社でこういう

仕事をしています。

 

ヨメ子さんとお付き合い

させていただいています。

…実はもうここで一緒に

暮らしています、ご挨拶もせず

申し訳ありませんでした」

 

鼻にティッシュ詰めてたからフガフガし
て喋りにくかった。

 

そしたら義父が俺を睨みながら

 

倉田「そうか。殴って悪かった。

俺中くん…遊びじゃないんだろうな?」

 

俺、ちょっとカチンときて

「遊びじゃないです。

結婚したいと思ってます」と

言ってしまう。

 

それまで結婚の話とか

したこともなかったんで、

ヨメは「え!?」と動揺。

 

倉田「ヨメ子、おまえはどうなんだ」

 

ヨメ「あ、あたしも大丈夫」と

意味不明な返答。

義父の表情が柔らかくなる。

 

倉田「よしわかった!俺中くん、

ヨメ子と一度ウチにきなさい!

お母さんに   

会ってもらわんと!俺中くんの

ご両親にもご挨拶しないとな!」

 

倉田「じゃあ父さん明日も

仕事だから帰るわ。

 

ヨメ子、俺中くんの顔冷やしてやれ」

 

そのまま帰っちゃう義父。

 

俺と嫁ポカーン。

 

ヨメは「ごめんね」って何度も

謝りながら、氷水いれたビニール袋で

俺の顔冷やしてくれた。

 

俺「…さっきのは、お父さんが怖くて

言ったんじゃないから」

 

ヨメ「…マジで?」

 

俺「マジです。結婚しようよ。ヨメ子がよ
ければだけど」

 

ヨメがぎゅーっと抱きついてきた。

 

翌朝起きたら顔の左側が

パンパンに腫れてて、

会社で「彼女にボコられた」

と笑われる。

 

一応フォローすると、

義父はものすごく子煩悩な人なんで

つい手が出てしまっただけで

(結婚式で号泣してました)、

 

結婚した今では、

俺も息子みたいに

かわいがってもらってます。

 

 

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

 

ウォーキングデッド8が
dTVで日本最速配信決定!
さらに!先行オンライン試写会!
このチャンスを見逃すな!

→詳しくはこちらをクリック←

 

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

 

 

 
・YouTubeはもう稼げない…
・収益化を外された…
・一向に審査が通らない…

最新版のYouTube戦略を正しく身に付ければ
まだまだ稼げます!
今なら先着無料特典を受け取れます。