馴れ初め話

【馴れ初め 気団】嫁(高3)「誰でもいいから手芸部に入って」、元野球部の俺(高2)が入部…

 

嫁(高3)「誰でもいいから手芸部に入って」、元野球部の俺(高2)が入部…

 

 

 

 

嫁(高3)「誰でもいいから、
部活に入って……」

 

俺(高2)「何処でもいいから、部活入ら
ないとなー」

嫁・俺「え?」

 

需要と供給が一致したというか、

元野球部(廃部)の俺が、

実質嫁しかいない

手芸部(廃部寸前)に入部

 

さすがに口に出してはいなかったけど、

お互いこんな感じのこと

考えてたら廊下で遭遇した。

 

 


スポンサーリンク

 


 

 

うちの高校は、

余程の事情でもない限りは

三年間部活に入らないといけなくて、

野球少年だった俺は野球部で

真面目に練習していたが、

高一の終わりに、一部の二・三年の

不祥事が芋蔓的に発覚して、

次年度から廃部が決定した。

 

残りの部員が粘れば、

活動停止くらいで

済んだかもしれんけど、

周囲の目も合って、皆に習って

俺もさっさと退部した。

 

野球自体は、地元の軟式チームに

混ぜて貰うことで緩く

続けるようにしたが、

前述のとおり、何らかの部に

入りなおす必要があった。

 

とはいえ、一年生に混じって

他の部に入るのは結構しんどいのと、

元野球部というレッテルがあるので

どうしようかなーと思うまま、

4月も終わりに近づいていた。

(4月までに入らないと、罰の奉仕
活動的なヤツが待ってた)

 

 

 

 

そんなことを悩みながら

廊下を曲がったら、

三年生女子(制服で分かる)の先輩が

チラシを差し出してきた。

 

ティッシュ配りみたいな感覚で

咄嗟にとってしまったら、

手作り感全開な部活勧誘のチラシで、

部活名は手芸部。

 

当時の俺は、身長180センチ超えで

筋肉質、坊主だった髪が

伸び始めたのと

生来の目つきの悪さで、

体育会系崩れのヤンキーに

思われてもおかしくない外見だった。

 

身長150センチ台で、

背中まで伸びた黒髪で、

本当に「女の子」って感じなその先輩が

求めている人材な訳がない。

 

想定外の相手に渡して

三年生は驚いていたようだけど、

その後、たどたどしくも勧誘してきて

俺がもっと驚いた。

 

俺「えっ、本気すか? もしかして人数
やばいとか?」

先「同学年も後輩もいないまま、

先輩がみんな卒業しちゃって……

一人でも入れば、

廃部だけは防げるらしいんですけど。

 

でも、二年生(制服で判別)だから、

他の部に入ってましたよね。

ごめんなさい」

 

俺「いえ、訳あって無所属でして、

一応入れはしますけど……手芸、

ですか」

 

俺が、『自分のキャラとの不整合』で

悩んでいたのを、先輩は

『手芸経験のなさ』で悩んでいると

勘違いしたのか、先輩は、

「大丈夫です。私も初心者でした」とか

「自分がいちから教えます!」と

頑張って説得してきた。

 

自分よりも小柄な女の子の謎の

勢いに押された俺は、

そのまま文化部の部室棟へ

連れて行かれた。

 

つっかえながらも頑張って説明したり、

作品を見せる先輩を見てたらなんだか

楽しくなり、週に二日ほど

野球チームの練習があるので、

残り三日は部活に顔を出すという

条件で、その日のうちに入部を

約束した。

 

そんな訳で、先輩と俺の二人体制での

新体制手芸部が始まったわけだが、

もともと、工作として見れば

造形は好きで、凝り性だったので

意外と俺も楽しくやってた。

 

女の子と放課後遅くまで作業して、

途中まで一緒に帰ったり、

休みの日に材料の調達に

二人で出かけるという、

昨年までの、マネージャー含めて

男が100パーセントだった環境からは

ありえない状況だった。

 

部長である先輩は、

「お姉さん」とか「先輩」という

ポジションで頑張ろうとしてたけど、

お姉さんぶってる空回りが

見てて楽しかった。

 

文化祭では、二人で半年の間に

作った作品を展示したりして、

それなりに客も来たし、

クラスの劇では俺の裁縫スキルが

判明してやたら凝った衣装作ったりと

楽しい日々だった。

 

他の部の三年生が引退するような

季節になってからも、先輩は

予備校とかに行かない日は

部室で俺と二人でいてくれた。

 

そして、先輩が卒業した。

 

俺は、部室で泣いてる先輩に

後輩として送り出す言葉とお礼は

言えても、男として告白は

できなかった。

 

とっくに先輩のことは

好きになってたけど、

少しだけ負い目というか

コンプレックスもあった。

 

手芸部を潰さないように

頑張っていた先輩に対して、

最後まで頑張らずに野球部を

早々にやめた自分はなんだったのか。

 

あの時、周囲の目なんか気にせずに、

なんで他の部員に声をかけて、

野球部を最後まで守ろうと

しなかったのか、と。

 

三年生になって、

俺は部室に一人になった。

 

去年の先輩に少しでも追いつきたくて、

俺は全力を出した。

 

新入生に対するセレモニーでは、

手芸部の紹介なのにデカい図体した

男の俺が作品を展示して、

笑いの声もあがったが、

 

逆に「こんな男でも作れる」という

掴みのおかげか、

新入生の女子が数名入ってくれた。

 

自分が一年前に教わったことを

一つ一つ教えていった。

 

文化祭の準備では、

去年より派手な作品や、

演劇部からの依頼で他の部員と

衣装製作したりした。

 

俺は先輩に、文化祭に

来て欲しいとメールを出した。

 

メールで近況報告はしていたけど、

実際に会えたのは卒業以来で、

先輩は少しだけ大人っぽく

なってたけど、俺が部を

存続させていたことを

本当に喜んでくれた

 

文化祭も終わり、

二人のときに「頑張ったね」と言われて、

ようやく、俺の中のモヤモヤが

なくなって、今度は素直に

好きだと言えた。

 

先輩は驚いてたけど、

「なぜ今のタイミングで?」って感じで、

すぐにOKくれた。

 

馴れ初めはこんな感じだけど、

とにかく「美少女と野獣」な

組み合わせなので、

在学中・卒業後も俺は色々疑われた。

 

「不良のお前が、無理やり手芸部を

たまり場にしているんじゃないか」と

俺が先生に問い詰められていた

生活指導室に、

半泣きの先輩が飛び込んで

俺の潔白を説明したり、

街中でデート中に俺が職務質問を

受けて、先輩が不機嫌そうに

免許証を出したり。

 

既にあれから10年以上

経っているけど、

未だに手芸部は存続していると

先輩……ではなく嫁は

嬉しそうに話してくれた。

 

今は、幼稚園児の息子のため、

著作権に反しない程度の

ぬいぐるみを製作中です。

 

 

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

 

ウォーキングデッド8が
dTVで日本最速配信決定!
さらに!先行オンライン試写会!
このチャンスを見逃すな!

→詳しくはこちらをクリック←

 

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

 

 

 
・YouTubeはもう稼げない…
・収益化を外された…
・一向に審査が通らない…

最新版のYouTube戦略を正しく身に付ければ
まだまだ稼げます!
今なら先着無料特典を受け取れます。