浮気不倫

【修羅場 浮気 離婚】19年ぶりに、間男と再婚した元嫁に遭遇 → 俺(あ!元嫁か!えっと…名前なんだっけ)

 

19年ぶりに、間男と再婚した元嫁に遭遇 → 俺(あ!元嫁か!えっと…名前なんだっけ)

 

 

 

 

19年前にサレて離婚した元嫁に

元旦に再会したんだが

俺は元嫁だと気づかなかったけど、

相手は気づいて元間と二人で

人混みの中で土下座されそうになった。

 

慰謝料も10年以上前に完済してるし、

元嫁の名前すらとっさには

思い出せなかった

 

時間が解決してくれることもあるから、

今が修羅場の奴は今を頑張ってくれ

 

 


スポンサーリンク

 


 

 

19年前(バブル末期)のスペック

俺:社会人学生24歳から25歳

元嫁:専業主婦22歳から23歳

元間:司法浪人24歳から25歳で元嫁
の高校の先輩

 

出会い

当時俺がやっていたバンドのライブに客
としてくる。

 

同じ大学だが、学部が違うとキャンパス
も違うので会ったことは無かった。

 

元嫁の友人が俺のバンドの

熱心なファン
(俺のバンドの別メンバーと結婚した)で、

ライブのたびに元嫁を

連れてくるようになり親しくなった。

 

元間と元嫁は高校からプラトニックに

付き合っていたが、元間は司法試験に

受かったらプロポーズする気でいたが、

それを元嫁には言っていなかった。

 

元嫁は大学卒業を機に元間に

婚約を迫ったが、元間は

司法試験に受かっていないので

返事を保留。

 

そんな時に俺と出会い、

ノリでホテルに連れ込まれた。

 

俺は初めてショ女とやって、

責任を取らなければ&結婚するなら

真面目なタイプと思いこんだ。

 

 

 

 

俺が院を、元嫁が大学を卒業する3月に

お互いの親に紹介&婚約。

6月に結婚。

 

当時は景気が良かったので

派手な結婚式を挙げ、

二人暮らしには充分な広さの社宅に

住み始めた。

 

帰宅するのは週に1〜2回だが、

元嫁に会社の近くまで来てもらって

一緒に昼食を食べたりしていた。

 

間男登場

 

帰宅するのが少なくてセイ行為も

思うようにはできなかったが、

ウブな元嫁とのセイ行為は楽しかった。

 

景気が良く、残業代や資格手当も

充分にあり、生活は順調。

 

当時俺が関わっていたプロジェクトが

終わる2年後に子供を作ろうとか、

貯まった有給休暇で旅行に行こうとか、

そんな会話が楽しかった。

 

ぐずぐずしている間に元嫁を

俺に攫われた間男は司法試験を諦めて
就職。

 

就職先の上司に気に入られて見合い、

見合い相手にも気に入られた。

 

しかし、婚約という段階になって

元嫁が諦めきれずに連絡。

 

元嫁は共通の友人を呼んで会う

(元彼とは言わなかったが、

先輩に友人と会うと俺には告げた)。

 

そこで間男が感極まって、

泣きながら今でも好きだと元嫁に言った。

 

間男は見合いの相手に断りを入れ、

会社も辞めた。

 

そして、元嫁は俺よりも元彼

(間男)を選んだ。

 

間男来訪

そんな事を知らない俺は

ひたすら仕事に励んでいた。

 

正月の三が日も出勤していた俺は、

正月の中頃に三日間の休みをもらった。

 

そして、おしゃれなホテルを取り

優雅な休みを満喫する気でいた。

 

ホテルのティールームで紅茶を楽しみ、

セイ行為をする気で部屋に行くと

知らない男がいた。

 

がばっと土下座した男。

そいつの隣で土下座する元嫁。

 

頭の中が???な俺。

 

無言で土下座を続ける間男に代わって

元嫁が説明。

 

プラトニックだけど、

6年間付き合っていたこと。

間男さんがどうしても

元嫁を諦められないこと。

 

元嫁も俺と離婚して間男さんと

やり直したいこと。

 

そんな事を言われ、

俺は呆然としていた。

結局、間男さんに遠慮してもらい

元嫁と話し合い。

 

感情が高ぶって元嫁を激しく抱いたけど、

元嫁は人形のようだった。

 

元嫁の心が俺から離れた事を知った俺は

家に帰らなくなった。

 

元嫁も社宅から出ていった。

 

社宅なのに無人になった事で

俺の上司が登場、上司の手配した

弁護士に白紙委任。

 

結婚生活が短かったので

元嫁はわずかな共有財産

(ほとんどが結婚式のご祝儀)を放棄。

 

元嫁と間男さんが共同して

結婚式&新婚旅行の費用と

相場より高めの慰謝料を

支払うことで協議離婚成立。

 

離婚して半年後に元嫁と元間男さんが

結婚したとの報告が来た。

俺は泣きながら手紙を燃やして

社宅を出た。

 

翌年の正月に俺の実家宛に

年賀状が来た。

 

俺は「もう苦しめないでくれ。どこか、

俺の知らない所に行ってくれ」と

返事を出した。

 

バブルが弾けて大変だったろうが、

慰謝料etcはちゃんと

毎月振り込まれていたらしい。

 

通帳もカードも親に預けていたので、

俺は知らなかったが。

 

数年後に俺も現嫁と結婚した。

懲りずに再び責任を取る貯めに。

 

再婚当初は元嫁を思い出して

イライラしていた。

 

子供ができてから元嫁のことは

思い出さなくなっていた。

 

そして今年の初詣で

元嫁&元間さんと再会。

 

先方は夫婦二人きりだったが、

こちらは子供連れ。

 

俺は自分の家族と離れ、

短く立ち話をした。

 

くどくどと謝り続ける二人に

「もう忘れた。お幸せに、そして無関係に
暮らして欲しい」

 

俺が言うと、間男さんは

子供二人に恵まれて幸せだと言って

頭を下げ、元嫁は

「一つだけ教えて、あなたも今幸せ?」

「ああ」

「良かった。本当に良かった」

 

俺は家族の元に戻り、

子どもたちに聞こえないように

嫁に耳打ちしてから初詣を済ませた。

 

帰宅してから嫁に神社で会ったのが

元嫁だったことを正直に告げた。

 

くどいほど色々聞き、

俺の実家にまで電話して

確かめた嫁はなんとか納得してくれた。

 

元嫁に関しては「思い出したくもない!」

しか言っていなかったからね。

 

と言う訳で、特に面白くもない

経緯でした。

 

他の皆さんとは違って

結婚生活も半年と短かったし、

子供もいなかったので離婚に対する

障害は事実上無かった。

 

現嫁は元嫁の方がチチがでかいと

言ってむくれたりとか、

でもウエストは自分の方が細いとか

騒いでいるがw

 

 

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

 

疑いを持ち続けて、こじらせるよりも
大切な真実を知ることが賢い選択の第一歩です。
もし思い違いなら、モヤモヤもすっきり。
時間をムダにすることもありません。

まずはお気軽に無料相談を!
丁寧に対応します。

→詳細はこちらから←

 

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

 

 

 
・YouTubeはもう稼げない…
・収益化を外された…
・一向に審査が通らない…

最新版のYouTube戦略を正しく身に付ければ
まだまだ稼げます!
今なら先着無料特典を受け取れます。