浮気不倫

【修羅場 浮気 離婚】彼のウワキ現場に凸 → 彼友「紹介した俺の顔に泥を塗りやがって!」結果・・・

 

彼のウワキ現場に凸 → 彼友「紹介した俺の顔に泥を塗りやがって!」結果・・・

 

 

 

 

数年前にあった私の修羅場です。

 

私子…私。当時24歳。

彼男…私子の彼氏。

当時29歳。

友男とは高校時代の遊び仲間。

 

浮子…彼男と会社同じ。

彼男浮気相手。

当時27歳。

 

 


スポンサーリンク

 


 

 

友男…私子と彼男が出会うきっかけを

作った男友達。

 

幼女好きアニメオタク。

私子の会社の下請け会社の役員。

 

当時27歳。


彼男と付き合って1年。

 

私子は仕事で国家資格が必要になり、

仕事のない日や仕事帰りに塾に

通う様になった。

 

毎月10回くらいあった彼男と

会う機会が激減。

 

彼男には塾に通ってると言うのは

少し恥ずかしくて、

仕事で秋位まで忙しいみたいだと

言っておいた。

彼男承諾。

 

デートは月に2・3回に落ち着いた。

電話は2日に1度はしていたと思う。

 

 

 

 

忙しいというのを承諾したものの、

彼男は仕事で会えないと言うのを疑い、

 

会社帰りの私を何度かつけたらしい。

 

塾は駅前にあるマンションの店舗で

高層階は分譲といったかたちのもの。

 

彼男、私が浮気してると勘違い。

 

1人エレベーターに乗りこむ写真まで

律儀に撮られた。

 

この頃、彼男が手当り次第に女漁り。

 

釣れた浮子と彼男大接近。

そして合体。

が、手当り次第に女漁りしたもんだから、

友男が気付いた。

 

国家試験。

 

友男から試験日の夕方に電話がかかっ
てきた。

 

友男は私が試験受けることを

仕事柄知っていたので、

手応えどうだった?みたいな話をして、

流れでそのまま落ち合って

夕飯を一緒に食べに行くことになった。

 

彼男の浮気についてこの時知らされる。

 

試験終わるまでメンタル面気にして言わ
ないで居てくれたみたいで、

その優しさに泣きそうになった。

 

浮子はどんな人か、

いつ会ってたか…などを事細かに

言い出す友男。

 

それだけでは終わらず、

プレゼンの分厚いファイルみたいなのまで
出てきた。

 

もちろん中身は彼男と浮子…と、

彼男の女漁りの件に関する書類。

 

彼男の浮気に関して詳しすぎる友男に、

面白さ半分恐さ半分。

 

彼氏が浮気した事よりそれの方が

気になって、悲しいとか怒りとかが

ほとんど出てこなかった。

 

ちなみに「自分が紹介したのに

片割れが浮気してるみたいで

すっげー胸糞悪いから手伝え!」

…って理由で興信所で働く同級生と

一緒に暇見つけてやってたらしい。

 

今日の夜は彼男宅に浮子が来る確率が

高い日とのこと。

彼男宅に乗り込むことに。

 

行ったら彼男宅の玄関で

中華の出前の人が知らない女と

金銭やりとりしてた。

 

思わず友男とカレカノのふりをして

一度通過。

 

そのままかなりしばらく待機…してたら、

イチャイチャしてる声が聞こえてきた。

 

この時初めて浮気された事がリアルに
なってボロ泣き。

 

友男慰めてくれた。

なんていい奴…でも

友男はいい奴止りなんだ……

泣いてても何も始まらないので、

合鍵で突入。

 

2人はがっつり抱擁、がっつり合体。

 

友男がカメラで証拠写真を撮る。

 

布団剥いでまで撮る。

 

唖然としてる彼男。

震えてる浮子。

 

友男「彼男!俺の顔に泥ぬりやがって!

覚悟できてるんやろな?!」

 

布団剥いだ辺りで吐き気がMAX。

 

友男の罵声と彼男の情けない声と

浮子の困惑の声をBGMに私子、

流し台とお友達に。

 

吐いたら落ち着いたので私も戦線復帰。

 

とりあえず合体したまま動けない2人を

引き剥がして正座させた。

 

彼男「私子が浮気したから俺もした!」

と言ってタバコに火をつけつつ

誇らしげに携帯で撮ったエレベーターに

私が1人で乗り込む写メを見せてきた。

 

友男と私子「…そこ塾や」

彼男「大人になってまで塾行って勉強する

とか何それ気持ち悪い」

 

私子「勉強もせんとサルみたいに

とっかえひっかえ腰ふってるアンタに

気持ち悪い言われたないわ!」

と、プレゼンファイルを彼男に

投げ捨てる。

 

中身をみた彼男、私子を殴った。

 

なんか鉄の味がすると思ったら

歯が頬肉少しえぐって出血してた。

 

それを見て友男が、

おにゃのこに何すんじゃこらーと

言いながら反撃。

彼男うずくまる。

 

そんなこんなで試験を受けていた旨は

しっかりと説明したのだが

最後まで解ってもらえなかった。

 

暴力振るう人無理…ということで、

その場でそのまま別れ話。

 

「知らなかったんだ、誤解だったんだ、

許してくれ」と縋る彼男。

 

「無理。サルとは付き合わん。

アタシは人間や」と私子突っぱねて終了。

 

「友男もなんとか言って!これはただの

遊び心で…」と友男に縋りつくも

相手にされず。

 

浮子は私子と彼男が付き合ってることを

知ってて関係を持ったらしく終始

「ごめんなさい」を連発。

 

「ごめんで済んだら警察いらんわ!」と

言う私子、荷造り手伝いつつ

「末期の雛見沢症候群初めて見たw」と

ちゃかす友男。

 

ほどなく荷造り終了。

 

一緒に住んでたわけではないので、

抱き枕と貸してた

コンポ・PS3・Wii・本・マンガだけだった。

 

彼男に友男が反撃した際、

手に持っていたタバコが

フローリングに落ちていた。

 

が、誰も気付いてなくて…

細長く黒くコゲてしまっていた。

 

私子「退去時に壁の穴と

フローリング焦がしたの諸々は

敷金から引いて差額分も

請求しますんでそのつもりで。

ほなごゆっくり!」

 

友男「見積もるからしっかり払ろてや!き
れーに直したるからなwww」

 

しばらくは携帯にバカスカ

着信がきてたけど、

結局それが彼男との最後の会話に
なった。

 

彼男と友男は縁を切ったそうで

今はどうしてるかわからないそうだ。

 

友男から嬉しそうな声で

「年下彼女と結婚するわww」

と電話が来た&私も婚約したので

記念カキコです。

 

友男とは今でも良き友であり

良き仕事のパートナーです。

 

最後お金に汚い話ですまんです、

とりあえず長文失礼しましたー。

 

 

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

 

疑いを持ち続けて、こじらせるよりも
大切な真実を知ることが賢い選択の第一歩です。
もし思い違いなら、モヤモヤもすっきり。
時間をムダにすることもありません。

まずはお気軽に無料相談を!
丁寧に対応します。

→詳細はこちらから←

 

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

 

 

 
・YouTubeはもう稼げない…
・収益化を外された…
・一向に審査が通らない…

最新版のYouTube戦略を正しく身に付ければ
まだまだ稼げます!
今なら先着無料特典を受け取れます。