浮気不倫

【浮気 復讐 修羅場】とある有名なスポットの話になった → 私「そこって、男同士でも行ったりする?」すると・・・

 

とある有名なスポットの話になった → 私「そこって、男同士でも行ったりする?」すると・・・

 

 

 

 

過去の修羅場話。

 

純だった私は友達の紹介で

たまたま知り合った彼にひと目惚れ

(は最初で最後でしたが)

し、皆で遊んでいるうちに

付き合う事になりました。

 

最初の頃こそ照れくさくて

いつも何人かで遊んでたけど

二人で会う様になり、

 

 


スポンサーリンク

 


 

 

彼の 事が好き過ぎた私は

周りが何も見えてませんでした。

 


愛を感じ幸せを感じ、

彼は仕事で私は学生だった為

会える時間や日数は少なかったけど

会えるのを楽しみにしながら

後は毎日電話して・・・

周りから見たら普通のカップルですよね。

 

それから2年位経った頃、

たまたま学校で「ナンパの話」を

してたんです。

 

私の周りには遊んでる子も

居たんで色んな情報

聞いてたんですよね。

 

自分は興味なかったんで

遊ばなかったんだけど。

 

 

 

 

そしたらポロッとある有名な

スポットが出てきたんです。

 

それは彼がいつか男と

遊びに行ってきたって言ってた所で

聞いた事があって。

 

で、友達に「そこって男同士でも行ったり
するー?」って聞いたら

 

「ありえなくない?」みたいな話になり・・・

 

幸せだった時間の崩れ出す音が

鳴り出した(始まり・・・

 

彼に問い詰めると必死に

「男と行ってた」

と言い続けられ、疑問を抱きつつ

闇に包まれた。

 

その後、彼が遊びに行ってたと

話してた場所等を振り返ってみると

そこは全部(ナンパスポット)だった。

 

彼に対する不振感が募り出した頃、

たまたま友達と遊んでいたら偶然

彼の車が通り過ぎた。

 

友達に「今の彼氏の車!誰か乗ってたよ
ね!?」って事になって

偶然にも友達車持ってる子だったから

追跡開始!(ちょストーキングっぽw)

 

そのままデートスポットに入っていった。

後をつけてたうちら。。。

 

ふと気づくとライトが眩しい!!!

 

どうやら行き止まりだったらしく

狭い道から戻ってきてしまった。

 

これはヤバイと必死にシートの下に

隠れる自分(情けなw)

 

道幅が狭かった為うちらは

止まってすれ違うのも待つしかなかった。

 

友達に「助手席確認お願い!」とだけ
言ってシートの下に埋もれて

彼が通り過ぎるのを待った。

 

彼にまさか「後付けたんだよねー」なんて

言えなかったから

 

とりあえず彼氏の友達に

(浮気してないかな?)調査開始。

 

するとある女の子の名前が

上がり電話番号もつかめた。

早速かける。

 

私「あの○○○さんって知ってますか?」

A子「はい。」

私「実は前から好きだった後輩なんですけ
ど付き合ってるんですか?」

(事実が知りたいだけだったので適当に
嘘ついた)

 

A子「付き合ってはないけど・・・濁される

(何だよ!」

 

私「そうですかー。

有難う御座いましたー。」

ガチャン・・・。

 

早速彼に連絡。

 

私「A子って知ってる人だよね?どうゆう
関係なの?」

 

彼「何で知ってんだよ。今行くから!ガ
チャン」

彼到着。

彼「お前さA子に連絡しただろ!?」

私「知らないよ。ってかどーゆう関係な
の?」

 

彼「友達だよ。」

私「この前会ってたのたまたま

見かけたんだよね」

 

彼「友達と遊んで何が悪いんだ?ってか
何が言いたい訳!?」

(なんか怒ってる彼。冷静な私。)

 

私「あんな夜中に二人で何してたの?」

彼「・・・・・・」

私「○○○が遊びに行ってたとこだって
さー、ナンパスポット

ばっかだったじゃん。

 

最近まで全然気づかなかったよ。」

彼「だからなんだよ。」

しばらく口論続く。

 

(省略多くてスマヌw)

口論の末。

 

彼「結局お前はどうしたいの?」

の一点張りな彼。

 

私「浮気してたんだよね?」

と、彼から聞くまで引かない私。

 

遂に彼から変な言葉が飛び出したー!

彼「お前が別れるって言うんなら

話す事がある」

(は!!!?)

(私は好きなんだよ!そんな事こっちから
言わせる気か!怒)

 

でも私は真相をどうしても彼から聞きた
かった。

 

私「別れるから正直に話してよ!!!」

彼「友達の後輩と寝たよ。」

私「・・・・・」

 

そしてピリオドが打たれた。

 

後輩の子と寝たんだ、

ってゆうなんか悲しい気持ちが一気に
押し寄せてきた。

 

もう足ガクガクで、車降りる時も歩くのも
やっとだった。

 

・・・その数日後テポドンが

落とされるのであった。

 

それから数日後、

たまたま彼の親友に会った。

 

彼の親友「別れたんだってね。大丈夫?」

私「他の女と寝たんだってさ。」

彼の親友「誰誰??」

 

私「友達の後輩だってさー・・・」

彼の親友「別れっちゃった今だから言える
んだけど正直

 

私の事が可哀想だったんだよね。

アイツ親友だし・・・

今だから言えるけどアイツかなり遊んでた
し。」

私「そうだったの???!」

 

(え??何々??知らないよ?何だ何
だ??)

彼の親友「うん。アイツ女とやった数なん
て3桁は居るんじゃないかなー」

(絶句・・・)

 

(一人じゃないよ?3桁だって?!え・・・
もうわかんない・・)

 

私「そんなに居たんだー。かなり遊んでた
んだね。

 

別れて正解だったんだ」

(っと頑張って答えた・・・)

彼の親友「黙っててごめんね。」

 

私「話してくれてありがとねー。(空元気」

 

一人じゃなくて3桁だったよ・・・。

純愛台無し!

 

よ〜〜く周りの友達見てみたら

皆遊んでる奴らばっかで

 

勝手に2年以上も信じてた

馬鹿者の馬鹿なお話でした。終わり。

 

その後、私は「都合のいい女」にでもなる
から傍に居たいって言ったけど

(当時すごく好きだったから)却下され

凹んで地元飛び出した!

 

数年後戻ってきたらその元彼に

ストーカーされまくりでした

(余談)

 

某携帯会社で社員として

働いてたが毎日何処からか

観られていた事。

 

酔った勢いらしく

(友人から後で聞いた)

携帯壊して家の玄関前に

置いてあったり。

 

また付き合えると思ってたらしい・・・

相当変わり果てた姿になってた。

 

罰って当たるものなんですね

(笑顔)スッキリ!!

 

男らしさも魅力も無くなってて

哀愁漂わせててさ・・・

 

よ〜〜〜く見たらただの

不細工だった○rz

 

こんな男に惚れこんでいたなんて

「恋は盲目」。。。

 

偶然とかで会いたくなかったよ。

 

 

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

 

疑いを持ち続けて、こじらせるよりも
大切な真実を知ることが賢い選択の第一歩です。
もし思い違いなら、モヤモヤもすっきり。
時間をムダにすることもありません。

まずはお気軽に無料相談を!
丁寧に対応します。

→詳細はこちらから←

 

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪