浮気不倫

【嫁の浮気 後悔】家の電話が鳴った → 男『もしもし!』俺「どなたですか?」男『お前はウワキ相手か?』その後・・・

 

家の電話が鳴った → 男『もしもし!』俺「どなたですか?」男『お前はウワキ相手か?』その後・・・

 

 

 

 

大した話じゃないけど良いかな?

 

結婚期間13年間(1年前)

俺37歳(当時)

汚嫁36歳(同じく当時)

間男20代らしい。

 

 


スポンサーリンク

 


 

 

結婚5年目くらいの時に

伝言ダイヤルとかで

浮気をしていたらしく浮気相手の

電話を俺が取って一件目発覚。

 

「今後の私を見て」の涙の訴えで許した

が、、。

 

13年目にデアイ系で会った

20代間男とデーとしているところを

発見されて終了。

 

この間も複数の相手が居たそうだ。

 

こんな話でも良いなら

今晩あたり経験談書くけど良いのかな?

 

それでは、、、、

体験談ですが、、、、。

 

結婚5年目までは普通でした。

 

 

 

 

比較的若くしての結婚だったので、

少ない収入の仲で頑張って

生活していました。

 

当時は、俺も汚嫁も会社員でした。

 

俺は、少しでも生活を

楽にしたいと残業をこなしていました。

考えれば、それが悪かったのか、、、、。

 

ある時体調を崩して、

会社から早引けしました。

 

家には、汚嫁がおらず、

ポケベルがおいてありました。

「あいつ、、、こんなモノ

持っていたんだ、、、、」

 

しばらくするとポケベルが鳴りまくります。

 

メッセージが色々出ていますが、

よく分かりません。

 

*当時でも旧型で数字が出ていますが

乱数表を持たない俺には良く解らない。

 

すると、家の電話が鳴り、

電話に出ると、、、、、。

 

間男「もしもし!」。

 

俺は、聞いたことのない野太い声に

俺「どなたですか?」

すると

 

間男「アレ!誰だお前!○○(汚嫁の名)

は、居ないのか?お前何で

そこに居るんだよ!浮気相手か?」

と訳の分からないことを言います。

 

一瞬呆気に取られますが、、、

 

俺「お前こそ誰だ!」

間男「お前には関係ないだろ、

お前は誰だよ」

 

俺「俺は、○○の亭主だ、

お前こそ誰だ!!」

 

間男「!!」

電話が切れました。

 

しばらくして、外から汚嫁が

帰ってきました。

 

問いつめると、泣き崩れ

「寂しかったんです、もうしません。

 

今後の私を見ていてください。

離婚されたら士にます。」

 

との訴えと最後までは

行っていないという本人の必死の

説明になんとか自分を納得させました。

 

ところが、、、、その8年後

新たな相手が出てきた。

結婚13年目。

 

5年目の事件以降、

ポケベルも携帯電話も持たない嫁は、

まじめに生活しているように見えた。

 

結婚当初から性生活が淡泊なせいか

(汚嫁に断られていた)

13年たっても子供は居なかった。

 

いわゆるディンクスと言うのか?

収入のすべてをお互いの

趣味に費やしていた。

 

表面上は、良い夫婦関係

だったかもしれない。

 

しかし、それは俺の油断だった。

 

今から考えると、本当に俺は

馬鹿だった。

 

家のPCを俺用に使っており、

嫁にはアウトルックにメール

アカウントを持たせていなかった。

 

プロバイダでオプション契約しなければ

メールアドレスはもてないと当時は、

思っていたんだ。

 

しかし、汚嫁の方が上手だった。

汚嫁は、ブラウザでフリーメールを

使用していた。

 

深夜に目が覚めて、

トイレに行こうとしたら嫁が

PCを使用しているのが目についたんだ。

 

”調べモノかな?”と何も思わず、

廊下をとおり過ぎ用を足した。

 

その後自分も気になる事があり、

PCが立ち上がっているなら

ついでにと思いPCを見ると

汚嫁の姿が無い。

 

キッチンの方から音がするので、

どうやらお酒を用意しているようだ。

 

ちょっとだけ借りるかと

画面をみるとブラウザが

最小状態になっていたので

最大化してみると、

ブラウザメールの画面。

 

しかも、浮気相手とのデートの

約束画面だよ、、、。

 

俺「!!!!!!!」

驚きましたが、すぐに約束の場所、

時間、相手の名前をメモしました。

 

さらに驚いたのが、

別の相手とも付き合っているようで、

男の名前だけで5〜6人、、、。

 

デートの日は、

翌週の月曜日午後8時、、、、。

 

すぐに、友人に相談し職場は

午後から休みを取って、

友人の車で張り込んだ。

 

すると、隣町の駅に二人は現れた。

 

間男は、黒いセダンで現れ、

汚嫁はリアシートに乗り込む。

 

俺達につけられているにも関わらず、

二人はそのままホテルに入りました。

 

そして、2時間近く外で待っていると

二人が車で出てきた。

 

俺よりも先に友人が

運転席にとりつき相手に喧嘩を売ると、

相手もけんかっ早いのか?

 

間男2「なんだオメェ!」

と出てきました。

 

で、友人が手を出しそうに

なっていたので、

 

俺「お前の浮気相手の亭主だよ!」

間男2「え!?」

 

俺「とりあえず、お宅と話がしたい。

一緒に来てくれ。

汚嫁は、俺の友人の車に、

俺はお前(間男)の車に乗るから、

俺の友人の車の後を走ってくれ。」

 

その後は、もうグダグダで、、、

俺の頭も大混乱。

友人は、大激怒。

 

間男2は、大混乱。

汚嫁は、さらに混乱。

 

結局対した話も出来ず、

相手の氏名他を確認するために、

運転免許、車検証、身分証明書を

コピーした。

 

*驚いたのが、汚嫁には

都市銀行の行員と偽っていたらしい。

 

*本当はタクシーの運転手だった。

 

*しかも、本人の談では

「収入も少なくサラ金を複数

社借りている、、、」だそうだ。

 

汚嫁は、なんでも俺と離婚して、

この間男と新生活を

する予定だったらしい。

 

俺は、もうすべてを捨て、

整理する決心をした。

 

子供も居ないから決心は早かったよ。

 

俺「離婚しよう、慰謝料は、

どうせどちらからももらえそうに無いから

要らない。

 

その替わり俺の目の前には

二度と出てくるな。

 

あと、汚嫁お前こいつ

(間男)以外に××や△△とも

付き合っているんだろ

(PCで見た名前です)」

汚嫁「!!なんで!!!」

 

間男2「!!!お前浮気しているのか!」

俺、友人「絶句」

 

*いや、この時本当に受けたよ、

人間って衝撃を受けると麻痺するね。

 

*本当に笑ったモノ。

でも、このお陰で振り切れた

のかもしれない。

 

このスレで良く聞くフラバって

起きなかったもの。

 

俺「間男2さんよ、家族は要るよな。

 

嫁さん呼び出せや。

お前の嫁さんと話がしたい。」

 

間男2「それは、待ってくれ。

親では駄目か?」

 

俺「駄目だな。お前のやったことを

お前の嫁に説明しろ、

それでお前は勘弁してやる。」

 

それから1時間ほど経過後。

 

話し合いをしているファミレスに

間男2嫁登場。

驚いたのが、

間男2嫁「すみません。

本当にすみません。

もうこれで離婚します。」

俺「え?」

 

間男2嫁「この人もう3回目なんです、

給料も家に入れないし離婚します。

 

大変ご迷惑をおかけして

申し訳有りません。

 

本当に申し訳有りません。」

とひたすら頭を下げてくる。

 

友人「とりあえず、座って」

と進めてもひたすら頭を下げています。

 

間男2「子供はどうするんだよ?」

俺「!!お前!!!!子供居て

こんな事してたのかよ!!!!!

しかも、複数回!?本気で屑だな!」

 

俺は、ひたすら謝る間男2嫁が

哀れに思えた。

 

結局、間男2嫁が仲人さんや

親御さんを挟んでしっかり

対応することとなった。

 

後日ビール券と商品券とかが

送られてきた(3万円くらい)時に

同封された手紙で現在も

離婚協議中だが、

間男2は、タクシー会社も辞め

実家に蟄居状態との現状報告があった。

 

俺の方は、汚嫁の両親と話をした。

 

汚嫁父親「○○君(俺のこと)なんとか

水に流せないか?」

 

俺「一回や二回じゃないし、

汚嫁も離婚を希望しています。

 

他人の集まりである夫婦は

信頼が崩れたら終わりです。

 

俺はもう信頼できません。」

汚嫁母親

「13年間も連れ添ったじゃない、

なんとかならないの?」

 

俺「その間に何人の男と

関係したと思います?無理ですよ」

 

俺が経験で得たのは

「浮気をする屑は一生治らない、

便器女は死ぬまで便器女」

と言う確信です。

 

以上、経験談でした。

 

現在、問題を抱えている方々の

参考になればと思います。

お目汚し失礼。

 

汚嫁とは、ファミレス会談後

会っていないのです。

 

ファミレスでは、途中から

他人事の様な表情で全く

会話をしませんでした。

 

何かで読みましたが、

最大限の怒りは相手を

無視する事だそうで、、、。

 

完全に眼中に無くなっていました。

 

汚嫁は、ファミレス会談後

友人が両親宅へ送りました。

 

汚嫁の両親と話をしたのは、

その翌日です。

 

約束通り汚嫁は、

二度と顔を見せていません。

 

家の荷物はすべて、親御さんの所へ

引っ越し便で送りました。

 

段ボールに相手の荷物を詰めるのは、

凄くむなしい作業でした。

 

#なんでも、その後狂言字札を

図ったらしいとの噂を聞きました。

 

まぁ、そんな感じで今は、

独身生活をエンジョイして

好きな車とバイクを買いまくっています。

 

それでは、今度こそ失礼!

 

 

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

 

疑いを持ち続けて、こじらせるよりも
大切な真実を知ることが賢い選択の第一歩です。
もし思い違いなら、モヤモヤもすっきり。
時間をムダにすることもありません。

まずはお気軽に無料相談を!
丁寧に対応します。

→詳細はこちらから←

 

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪