浮気不倫

【修羅場速報 離婚】会社経営者の俺が不倫妻に制裁して慰謝料1億もらった

 

会社経営者の俺が不倫妻に制裁して慰謝料1億もらった

 

 

 

 

 

 

当時のスペック

自分

32歳

ちょいぽちゃ

会社経営者


元妻

33歳

中肉中背

専業主婦

小梨


間男

28歳、独身

かなり男前

病院勤務


私と元妻が出会ったのは

私が27歳のときで、

3年付き合った末に

結婚した。

 

 

////////////////////////////////////////////


新常識精力サプリで漲る活力を手に入れろ!

新庄剛志がプロデュースしたビダンシリーズに

新しく加わった最強特化型サプリメント!

▼▼男力を底上げしたい人はこちらから▼▼


→特別割引適用購入ページ←

 


////////////////////////////////////////////

 


離婚の原因は当初は

性格の不一致

ということになっていたが、

離婚協議中の元妻の

態度がよそよそしいのが

気にかかり、

興信所を雇ったら

出るわ出るわ。


私は28のときに

会社を設立し、

会社の経営でそれなりに

法律にも触れていたので

弁護士を付けずに

離婚協議をしていた。


なので元妻は二人だけでの

協議ということで

ナメていたんだと思う。

 


スポンサーリンク


 


 

 

 

性格の不一致、

というのも性格と

言うよりは金銭感覚の

不一致が始まりだった。


私は会社を興す前の

若いころそれなりに

苦労したほうだと思う。


ブラックで毎日

15時間労働で

月に休みが3日程度しか

なかったのに給料は

15万止まりで、

自炊する時間なくて

食費がかさみ、

家賃すら払えず大家に

追い出されそうになった。


普通の人だったら、

転職するだろうが、

私はアホだったので

その考え方は当時はなく、

なんとかお金を

捻出しようと必死だった。


お金を捻出するとき、

大多数の人は

「節約」をしようとするんだと

思うが、

私の考え方は

違っていて「なんとかもっと

稼ぐ」だった。


朝7時から夜10時まで

仕事しても、

その後近所のコンビニで

4時間ほどアルバイトした。


それでなんとか

やっていけたが、

でも仕事の後の

アルバイトはやっぱりしんどく、

自分なりに

考えて副業を始めた。


その副業が成功して

今の会社まで成長している。


というように、

私の考え方としては

「節約」するくらいなら

なんとかもっと

「稼ぐ」というもので、

そこが元妻と

合ってなかったんだと思う。


離婚当時住んでた家は

私が元妻と結婚するために

建てた戸建てで、

特に大きいわけでもなく、

小さいわけでもない

普通の家。


専業主婦をして

もらってたので、

洗濯や掃除などは元妻に

任せていた。


月に25万のお金を渡して、

家に必要なものや

食費はそこから

出すようにしてって

二人で決めていた。


それとは別に

10万を妻のお小遣いとして

渡した。


食費など余っても

自由に使っていいよと

言った。


ちなみに私自分の

お小遣いも10万円。


新婚当初は割りと

普通で特に何もない。

が、新婚1年目ごろになると、

元妻は将来子供が

生まれたときのために

貯金しようと言い出した。


私が経営している会社は

年商数十億円で、

私自身の年収も

1000万だったので

正直お金には困ってない。


でも、元妻も元妻なりに

考えているんだなと

思ったので、特に口出しは

しなかった。


むしろ、なんてできた

妻なんだろうと思っていた。


自分は幸せ者だと思った。


でも、貯金をすると

言い出した日から

食事がものすごく

質素なものになった。


今までは三菜一汁

(元妻は調理師免許あり)

だったのが、一菜になった。


時にはおかずしか

ないときもあった。


朝バナナ一本。

昼は会社で、

夜はごはんと冷奴のみ。


日によってはご飯と

ふりかけのみなんてのもざら。


しかもおかわりなし。


禁酒。

夏でもエアコンは

付けてはならない。

扇風機すらだめ。


洗濯ももったいないから

3日以上着てから。

トイレは小なら流さない。


トイレットペーパーも

3切れ以上

使ってはならない。


テレビもパソコンも

電気代の無駄だから

コンセントを抜かれ、

さらに電源コードも

ハサミで切られた。


ちなみに家の電気代は

会社の経費から

落としている。


私が自分の小遣いで

何かを買うと、

もったいないから

返品してこいと言われる。


そのくせに自分は

高い化粧品とか高そうな

服を買ってる。

 


スポンサーリンク


 


 

 

 

さすがに不満を感じたので、

何度も元妻と

話し合いをしたが

聞く耳持たずで無駄に

終わった。


いくら貯金をするといっても、

ここまで削る必要はないと

思うのだが、

それを指摘しても

「がんばってる私を

認めてくれないの!?

私も同じ生活を

強いられているんだよ!!」

とか言われ、

それどう考えてもあなたの

自己責任と思ってた。


こんな生活が半年も続いて、

さすがに堪能の緒が切れ、

貯金額を見せてみろと

言うと見せてきた通帳には

30万しか入ってない。


会社の1時間の売上にも

満たない額を

貯めるのにこんな生活を

半年も強いられるのか、

と感じた一方で、

まだ全てが正常だったときに

妻が月の食費は

9万ほどと言ってたのを

思いだした。


普通に食べて9万、

その他の経費を含めても

月10万ほど余ってるはずで、

節約しなくても

半年あれば60万は

溜まってるはず。


でもこんなに節約して

30万しか溜まってないのは

いくらなんでもおかしい。


もしかしたら

浮気しているんじゃないかと

気にかかったが、

もはなそんなの

どうでもよかった。


早く離婚して

こんな生活から

開放されたかった。


だから、二人での

離婚協議中は性格の

不一致ということにした。


離婚協議そのものは、

お互い1ヵ月このままの

生活を続けること、

それでもやっぱりお互い

不満が残るのなら

離婚しよう。

というものだった。


それなのに、

離婚をすると決めてから、

妻は毎日うきうきしていて

私が出勤するよりも

早くどこかに行ってしまう。


どこ行くんだと聞いても、

もう離婚するあなたには

関係ないでしょと一言。


ここまで来ると、

元妻が憎くて憎くて

たまらなかった。

こいつを地獄の

どん底に陥れたくなった。


だから、興信所を雇った。


2週間前払いで

お願いしたが1日目には

証拠が揃ってしまった。


間男とホテルに入った

ところがしっかり撮れてて、

しかもホテルの窓の前で

行為してたので、

モノが入っている瞬間も

バッチリ撮れてた。


もうこれには笑えたね。


でもお金がもったいないから

そのまま2週間後を

付けてもらった。


二人での買い物、

ドライブデート、

高級レストランでの食事、

そしてホテル。


いろんなシーンが記録できた。


そして、やっぱり全部

元妻が支払っていた。


私が稼いできたお金を

浮気に使われて激怒した。


私が若い頃お金に

苦労してたのを知っていて

お金を使う妻を

ころしたかった。


なにより自分より

5歳も若いクソ間男のため
に、

自分が無理難題な

生活を強いられているのが

腹立だしかった。


それからは会社の

顧問弁護士にお願いして

離婚協議を進めた。


両家+間男家の

大乱闘だったが、

そこは特に面白みが

あるわけではないので割愛。

結論から言うと、

元妻へ5000万の

慰謝料+切った家電の

弁償代100万。


間男へは元妻が貢いだ

150万の返還+5000万の

慰謝料。


こんな法外な

額無理だろと思ってたが

弁護士さんが

うまいこと丸めてくれた。


間男は払えないと

抜かしてたが

病院へ報告するぞと言うと

おとなしくなった。


このとき知ったが、

間男は年収1500万も

あった。

ちょっとびっくりした。


元妻両親は慰謝料のために

家や車を売って

2000万を一括で

支払ってくれた。


間男のほうも

両親が家や車を売って

2200万を一括で

支払ってくれた。


二人とも残りは分割。

4200万円の臨時収入を

得て、といっても私にとっては

1週間の売上にも満たない

額だが、

晴れて妻とも別れた。


お金に関しては

なんだか逆に貢がれた

気がして、家電を買い

換えて弁護士さんに

報酬を支払って

残りは募金したよ。


離婚までの経緯は以上です。


ちなみに、その後間男は

病院勤務の昼職以外に、

夜は警備員を

しているそうで、

妻は両親に夜の

店に沈められました。


そのうわさを聞いて、

10時間指名で元妻を

一日借りて、ドライブして、

買い物して、

高級レストランで

食事をしました。


汚物と行為は

したくなかったので

ホテルには

行きませんでしたけど。


あの悔しいような

悲しいような後悔してるような

顔を見てかなり

スカッとしましたね。


これが私のささやかな

復讐です。