浮気不倫

【修羅場 復讐 スカッと】彼のポケットからデジカメ発見。中身を見たら人生狂った 

 

彼のポケットからデジカメ発見。中身を見たら人生狂った 

 

 

 

私子…25歳

彼男…29歳

姉子…33歳

姉夫…姉の夫確か37~8位。


私たちは付き合って3年くらいで、

年の離れた姉とも仲が良かったので

姉夫も一緒にダブルデートを

したりしていて

 

・最近妻(旦那)の様子がおかしい…
・コソコソ隠れてスマホを触る…

もしかして誰かと…

その悩み相談してみませんか?

相談は完全無料で、しかも匿名OK!知識豊富な専門スタッフが
親切、丁寧にあなたの悩みに対応します!

勇気を出して相談する

 

姉夫と彼男も共通の趣味があり、

仲が良くなった。


しばらくすると彼男は

怒りっぽくなったと思ったら

急に優しくなったり、

メールもろくに返さない時もあれば、

長々と電話をしたり、


何だかちょっと様子がおかしいというか、

ちぐはぐな感じになってしまい

段々彼男との仲がぎくしゃくしてしまった。


ケンカになっても怒ってると思えば、

急に泣きそうな顔で謝ってきたり


セッ●スも拒否られ続けていたら、

突然何日も何日も求めてきたり。


訳が分からなくって

「悩みがあるなら話してほしい」

と言ったら、

「何もないって!」と切れられ、

挙句に「しつこい女は嫌いだ」

と別れ話に。


だいぶ冷めていた私は

「わかった、もうしょうがないわ」

と素直に別れに応じたが


その日の夜に電話で

「あんな事言ってしまって悪かった、

本心じゃなかった」と泣きながら

謝られた。


結局彼の悩みは仕事の事で、

中々上手く行かずに焦りもあったという。


それなら、とよりを戻したが

やっぱり彼のちぐはぐな

感じは続いた。


いくら仕事の事とは言え、

こんなに振り回されるのに疲れ、

その事を姉子と姉夫に相談。


姉夫さんは「男の仕事ってのは

色々あるから、何なら少し

距離を置くのもありかもよ?」

と言ったが、姉は

「でも今放置したら彼男君

かわいそうな気がする」。


色々話した結果、

 


スポンサーリンク


 


 

「こちらの精神状態が許す限り

一緒にいて、出来るだけ

見守ってあげる」事になった。


ある日友人と食事をしてると、

友人がふと思い出したように


「そういやこないだA店で

彼男君に会ったよ」と言いだし、


「そうだったんだ、彼男何も言わないから
知らなかったー」


「言いにくかったのかもよ?

お姉さんと一緒だったから」


姉は私たちの事

気にしてくれてるんだなーと思った。


元々A店は姉に連れて

行ってもらった店で、

内装もおしゃれでリーズナブルなので

結構友達にもお勧めしてた店。


後日、姉にその事を話すと、

姉は申し訳なさそうに


「何か力になってあげられないかと

思って」と言い、

A店に行ったのは

「結婚してから飲みに

行かなくなったので、

あそこ位しか知らなかった」から。


「カップル向けって感じだから

迷ったけどねー」と笑ってた。


姉子に「心配かけてごめんね」と言うと、

姉子は
「お姉ちゃんなんだから当たり前でしょ。

止めてよー」と笑い、私も笑った。


それから約2か月ほど、

私は付かず離れずで

彼男との付き合いを続けていた。


彼男の家に泊まりに行った日の朝、

家の中が雑然としてるので


彼を起こさない様に、

とりあえず洗濯物をまとめたり、

しまったりしていたら

洋服の引き出しの奥にデジカメ発見。


ホントに脂汗が出て、

体の震えが止まらなかった。


それを持ってふらつきながら

トイレにこもり、

ドキドキしながら中を見たら

最初は普通の写真が何枚か。


ホッとして次々見て行ったら出た、

ハメ撮り。


相手の顔は写っておらず、

ガタガタ震えつつも

良く見ると姉子だった。


姉子のお腹には

特徴的なほくろがあり、

写真を撮ってる男のお腹には

彼男と同じ、ちょっと引き攣れて

跡が残ってる盲腸の手術痕。


血が凍るとは

こんな事を言うのかって位の衝撃だった。


その場でゲーゲー吐いて、

朦朧としながら家を出た。


後の事は正直あまり記憶にない…

とにかく家に帰って布団かぶって泣いた。


彼男からはメールが

50通くらい来ていて、ほとんどが

「ちょっとだけでいいから話したい」

って感じ。


デジカメ無くなってるの

気がついたんだろうな。

 


スポンサーリンク


 


 

しばらくして「やだ。

もうあなたの顔見たらきっと吐くから。


内容コピーしたらデジカメは

そっちに送り返す」と返信。


そしたら「勝手に持って行ったんだから

泥棒と同じだろ?それに対して

謝罪は無いの?


それ親とかに知られたら困らない?

でも俺はそんな彼女を

告発するような真似は出来ない。


だからお前もこの話は

誰にもしないでくれ」と来た。


「いまさら何が彼女?笑わせんな。


大体相手が誰だか

分かってないとでも思ってる?」

そしたら電話がかかってきた。


「誰の事言ってるのか分からないけど、

相手の女はお前の知らない人だから!」

「必死だね、じゃあ姉夫さんにも

見てもらおうか?

あんまりなめないでくれる?」


「お前そんな事していいと思ってるの?

変な誤解されたら困るのは

お前のお姉さんなんだぞ?


それが原因で家庭崩壊でもしたら

お前責任取れるの?ねえ?」


「自分のした事棚に上げて

何言ってるんですか?

家庭壊れたとして、

その原因を作ったのはあんたと

姉子でしょ?

私に不倫の片棒かつげって?冗談」

今度は泣き落し。


「お前の親だって悲しむよ?

俺だって会社首になるかも。


お姉さんだって辛いだろうし、

姉夫さんだって苦しむよ?

お前さえ黙っててくれたら…


頼む、3年も付き合ってきて

楽しかった時もあったじゃんか」

「無駄、あんたなんか大っ嫌いだから。


家庭崩壊しようがなんだろうが、

仲良くしてた男と妻が不倫してて、

一生騙され続けるよりマシでしょ」


姉子は元々大人しく見えて、

なかなかのやり手だったタイプ。


彼氏と別れて落ち込んでも、

数週間で次の彼氏ができちゃう。


別れの原因は姉の浮気がほとんどで、

結婚して落ち着いたなーと思ってたけど、

やっぱりビッチはビッチかー。


カメラの中のデータを

PCやら何やらにコピーして、


すぐコンビニから着払いで

彼男宅へ送って、

家に戻って姉夫に連絡した。


最初は驚いていたけど、会

社が終わったら待ち合わせをして

会う事になった。


ぎこちなく食事をしながら、

話すきっかけを探していたら

「もしかして姉子の事かな…」

と言われた。


なんて言おうかと迷っていたら

「最近様子がおかしいから、

俺なりに調べてた。

その事?」


黙って頷くと

「相手は…誰か分かる?」また頷き、

「俺の知ってる人?」

「身近な人?」全て頷くと、

意を決したように「はっきり聞きたい。

誰?」

「彼男でした…」


姉夫はガクンと肩を落とし、

頭を抱えてしまった。


「彼男君だったのか…本当に

彼男君か?」

「証拠あります」

「何?」

「…写真です。

言い逃れできないような」

後は無言で姉夫は酒をあおり、

私は黙々と食事をした。


姉夫は突然ボソッと

「一日違いだったよ、

明日興信所からの結果が来るんだ…」と
言い、

スポーツドリンクでも

飲むみたいに水割り飲んでた。


店を出たら何か知らないけど

すっごい謝られた。


被害者なのに…

その後、姉夫の行動は早かった。


まず親から電話が来て、

「姉子が実家に戻って来たの!」

と大混乱。


興信所の方はどうだったか知らないけど、

姉は追い出されたらしい。


何も話そうとしない

姉子に業を煮やし、

私に戻って来て話聞いてくれって

言われた。

もちろん断ったけど。


その2日後、ア

パート前に彼男が立ってた。


いきなり「私子!頼むよ!」と泣きつかれ、

思わず悲鳴を上げ、

逃げようとすると

腕を思いっきりつかまれ、

血走った眼で

「やばいんだ、俺ホントやばいんだよ!」


簡単に言うと、すでに姉夫には

弁護士が付き、彼男に

慰謝料500万請求。


そんな大金は無い彼男は、

私になんとか姉夫を

止めてくれと頼んできた。


「元々お前がばらしたから!

お前のせいでもあるだろ!


浮気だってしたくてした訳じゃない!

お前のねーさんが

誘ってきたから仕方なかったし、

お前だって俺を構ってくれなかったのが

悪いんじゃないか!!


お前のその軽率な行為で

何人の人間が苦しんでるか、

それ考えた事あるか!?」


何か彼男の中では完全に悪いのは

私になってて、


自分は全然悪くないって

思ってるみたいな感じ…


つーかもうやけくそと言うか、

誰かのせいにしないと

どうしようもない感じだったのかなー。


で、私は壁に押し付けられるような

形になり、


何故か彼男に胸を揉まれた、

つーかつかまれた。


怖いのと、すっごく痛いのとで、

悲鳴をあげていたら


誰かが通報してくれたらしく、

警察が来て止めてくれたんだけど、

その間中ずっと私が悪いんだ!

って喚いてた。


「せめてあの写真だけでも返せよ!」

と言うので


「無駄だよ、だって興信所も

入ってたんだよ…

遅かれ早かれこうなるんだったんだ
よ…」

って言ったら呆然としてた。


警察にどうするか聞かれたが、

痴話げんかと判断され

あまりまともに取り合ってくれず…


それに関しては、

姉夫の弁護士さんに

相談してから決めますと言うと、

彼も真っ青になったけど、

警察官もちょっと慌ててた


相談したらまず病院に行って、

診断書を取るように言われ、

その件はまず保留に。


それもあって私親にも

連絡がいき、大混乱。


何故か私まで怒られるし、

彼男からは電話やメールが

凄いしで疲れた。


姉子は私の方には一切連絡なし。


姉夫は話し合いをする為に

何度か会ったかな。


弁護士さんとも色々話して

事を荒立てずに済ませたいという


私の希望をくんでくれたので、

すべてお任せすることにした。


そこで、私実家で10者面談。


姉子、姉夫、私両親、姉夫両親、

彼男、彼男両親、

それと姉夫弁護士。


彼男両親がいたのは

私の事があったかららしいが、

私は同席しなかった。

顔見たくなかったし。


話し合いの様子は

盗み聞き妹、姉夫から

聞いたのをまとめてみる。


まず姉夫と姉夫両親が到着、

私両親と姉子が土下座、

その後彼男たち到着、土下座。


私父、私子の事を持ち出して彼を殴る、

彼母逆切れ、姉子を淫売と罵り、

彼父が彼母をひっぱたいて止める。


姉子は泣いて話にならず、

私両親、彼男両親は土下座しまくり、

彼男は真っ青。


姉子は離婚はしたくないと言い、

姉夫は

「それなら裁判」と言うと折れる。


何故か「それじゃあ彼男と結婚します」と
言いだし、

彼男が盛大に拒否、

姉子発狂、彼母が口汚く姉を罵倒、

私両親あまりの情けなさに号泣。


しばらく騒がせるだけ騒がせ、

その後呆然とする姉子に

慰謝料の話をすると

姉子は「私が悪い事したんだから、

貰えない。


当座の生活費くらいでいい」

としおらしく答えるが、鼻で笑われ


自分が払う立場であると

告げられるとまた発狂、

離婚拒否。


彼母が姉子に

「非常識女」と言い、二人で

罵りあいになり、


私両親が慰謝料は必ず払います、

と姉夫に申し出、、


姉夫「姉子が払わなくて意味がない」と
拒否。

姉子また発狂。


とにかく彼母はひたすら姉子が

憎いようで、何か言うたびに

突っかかって行ったらしい。


姉夫「彼父さんはともかく、

彼母さんは居ない方が良かった。


まとまる話もまとまらなくってさ」

って後で言ってた。


結局姉子には慰謝料400万、

彼男には200万と決まり、


書類も作り、その場で何枚も

破られながらも山ほど用意してきた

離婚届にサインさせる。


姉子には親がいくらかの

現金を渡し、

「家を出て、2度とこの家の

敷居をまたぐな」と申し渡した。


その後の姉子の状況と

私子との関係は?


これにはさすがに姉子も青くなり、

「娘が大事じゃないのか」

と詰め寄るが、

頑固親父は耳も貸さず、

すかさず彼母が姉子を罵る。


また姉子vs彼母に。


そして彼男には弁護士さんが

「この間の様に、私子さんに

迷惑をかけるようであれば

こちらにも考えがある」と警告。


診断書(全治三日…)とアザ、

擦り傷の写真も見せて

治療費と慰謝料合わせて50万請求。


彼男は250万すぐ払い、

姉子は分割での支払いになった。


50万は弁護士さんを通して

ありがたく頂きました。


私はそれを元手に引っ越しをし、転職。


彼男は会社を辞め、

地元へ戻って行き、

姉子は隣の市で

アパート暮らしを始めた。


これだけの事が、一気にたったの

3カ月ほどの間に起こって

正直私も何だかついて行けない感じ。


姉とはそれ以来会っていないし、

両親にも会わせる顔がなく

ずっと避けてる。


姉夫とはその後に2回ほど会って、

「お互い頑張ろう」と

言って別れてそれっきり。


不倫って大変な事だなと改めて思った。


私の家族は崩壊、

姉夫婦も離婚、姉には

大きな借金が付き、

彼男は仕事を無くした。


結局この騒動で得たものなんて

何もなかった。


「私は今結婚していて幸せです」って

オチを付けたいんだけど


もう男はこりごり(´д`)

三十路手前で男っ気なしの生活です。

終わり。


乙でした。


しばらくは男なんかこりごりだろうけど

そのうち素敵な人が

現れるかもしれないよ。


新天地で幸せになれますように。


うわぁ・・・壮絶だな


すまん書いてあったね

でも彼氏もいなく家族も崩壊で

寂しくないかい?


お前小学校の予防注射の時

「痛かった?ねえすごく痛かった?」

って聞いたろ


乙でした

糞彼男と糞姉は自業自得だよ

やってはいけないことをした

クズにはそれ相応の報いがくる


>その場で何枚も破られながらも山ほど
用意してきた離婚届に

弁護士すげえ


なんというかもう乙としか

たとえ得たものが無くても、

失い続けるよりはずっといい

きっとそのうちなんか得られるって


>姉子は「私が悪い事したんだから、貰え
ない。

>当座の生活費くらいでいい」

自分が有責なのに

慰謝料もらえると思ってる所が心底アホ。


離婚となったら女が

必ずもらえると思ってるのか…

伝説の92だっけ?いたよな、そんな奴。


伝説なのにうろおぼえ

 
・YouTubeはもう稼げない…
・収益化を外された…
・一向に審査が通らない…

最新版のYouTube戦略を正しく身に付ければ
まだまだ稼げます!
今なら先着無料特典を受け取れます。