浮気不倫

【修羅場 浮気】休日の嫁と子供が出かけている時に一通の「内容証明付き郵便」が俺あてに届いた

 

 

基地は最初は優しい顔をしている。

段々メッキが剥がれ

モラハラされる毎日

それでも子供のために堪えていても

子供まで洗脳されちゃもう

どうしようもない


当時結婚10年目

俺35歳会社員年収800万

嫁33歳専業主婦結婚1年後御懐妊で

専業になる家は金モティアニヲタ腐女子

娘8歳目に入れても

痛くないほど可愛かったが・・・

 


スポンサーリンク


 


 

 

間男53歳独身アニヲタ

定職に就いたことのない

フリータバイト掛け持ちで

月12万~18万実家に

一人暮らし(親は鬼籍)


昔ジブリ映画が好きで

友人数人とで見に行っていた

そこで友人が連れてきたのが

嫁で意気投合して交際開始

可愛くてものすごく優しくて

上品で一目惚れだった


もうこの人しかいないと思い、

交際2年超えたところで

プロポーズし結婚


新婚生活は楽しく娘が出来た時は

飛び跳ねて喜んだ

育児や家事を手伝いながら仕事も

順調で近所や会社からも

おしどり夫婦と言われるまでに

なっていた


それが結婚4年目から次第に

嫁の態度が覚めていった

倦怠期だろうと思い気には

しないようにしていたが

家族サービスとうは欠かさず

俺なりに気を使っていた

そして嫁の色々な理由で

レスになって4年。


娘も俺に嫌悪感丸出しの

態度になってきた

母子で俺を阻害することが増えてきて、

休日も俺が寝ている間に

2人で行き先も告げず遊びに行き

夜遅く帰宅することも増えてきた

この家庭の中での俺の存在理由は

ATMだけになっていた


このままじゃダメだと思って

何度も何度も話し合いをしたが

ケンモホロロで解決には至らない

(毎回録音していたのが後に

役に立った)


ある日半分諦めかけていた頃

俺の休日出勤代休日の嫁と

子供が出かけている時に

一通の「内容証明付き郵便」が

俺あてに届いた

内容は俺のモラハラとDVでの

離婚協議書。


離婚届慰謝料500万と養育費一括で

2000万請求財産分与は半々親権は嫁

俺は意味がわからなかった

嫁が帰宅してから

問い詰めようと思ったが

嫁と子供はそれっきり

帰ってこなかった。


その日に実家に戻っていた

嫁と子供の部屋

(俺とは家庭内別居状態だった)を

見たら箪笥や机等はあるが

中身が全て空っぽになっていた

俺の知らない間に着々と

準備をしていたんだろうな。


すぐに嫁に電話するも繋がらない

通帳もなくなっている。

悲しみよりもすっかり嫁に

してやられたと思った

娘の机の中に手紙があった

「お前は親じゃない!

もうお前の世話にはなりませんので

一切関わらないでください。


私はママと本当のパパと

一緒に暮らします」と。


出て行く前は娘は俺に

バカとかクソ時事とか

罵倒していてどんなに窘めても治らず

俺も愛情が薄れてきていたから

悲しみはあまり感じなかった


それよりも「新しいパパ」が気になった

(後で聞いたら手紙書いたのは

嫁は知らなかったらしい)


俺はすぐに銀行に行って

口座を確認した。


まだ引き落とされえちなかったが

使途不明金が300万ほどあった

必要な額だけ引出してすぐに

講座を凍結させた

そして「新しいパパ」の真相を

掴むため興信所に依頼した


そして1週間後に黒確定した。

間男は嫁が勤めていた

会社に来ていた弁当仕出しの元バイト

つまり俺と交際中に付き合っていた。

そこで思い浮かんだのが托卵

それだと娘の態度も手紙も納得できる。


すぐに弁護士を雇い

嫁弁護士事務所に離婚協議の

話し合いに行った

初めは平行線だったが、

こちらが浮気の証拠と

夫婦改善のための話し合いの

録音を聞かせ

DV、モラハラはデマカセだと

相手弁護士も理解した。


その後は俺からの要求に

変わり話が進んだ


・嫁とは離婚

・娘のDNA鑑定

→結果99パーセント俺の子否定

・財産分与は使い込みと相?殳

・慰謝料嫁が言った額をそのまま返して

500万(婚姻途中で堕胎があったことが

発覚しそのままの金額になった)

・養育費8年間で1200万

(これは間と折半)

・接近禁止違反時は一回につき10万

嫁は悔しそうに署名捺印していた。

金は嫁親が一括支払い

嫁実家はやたらと

体裁気にしていたな結局誠意ある

謝罪は一切なかった


次に間男に接触し話し合った

初めは不貞行為否定していたが

最後は認めた

慰謝料は500万家を売って支払い

娘の認知で話がついた

その後嫁と間男は再婚して

間男は嫁父の会社に

役員として入社したが

リーマンショックで嫁父の会社が

倒産し嫁父首釣った。


間男も債務を負わされて蒸発した

嫁母はすっかりボケてしまって

ホームに入っている


嫁と娘は月2万円のワンルームの

木造アパートで暮らしていると

元娘が俺に助けを求めに来た。

俺は娘が残した手紙を見せてやった

俺「これって書いてあること嘘なん?」

元娘は泣いていた

だが8歳まで暮らしていた

情も少なからずあったので

娘が高校卒業するまでは援助した


元嫁も感謝してくれて

初めて自分がしたことを悔いて謝罪した

でも調子に乗って

復縁持ちかけられたがキッパリ断った


だって俺、再婚して

子供も生まれて本当の家族と

暮らしているからね

家族写真を見せて

復縁断った時の元嫁の顔は

今でも忘れない

壮絶な話だな。

 


スポンサーリンク


 


 

でも今が幸せでなによりだよ。

娘は8歳でそんな手紙が

書けたということは

天才少女だったんだな


~お知らせ~

いつもご覧いただき

ありがとうございます。

修羅場な話24時運営事務局です。


LINEはじめましたので、

他のお知らせで埋もれることなく

最新の浮気話をお楽しみ頂けます。

お得な情報も配信予定です。

是非LINE友達追加も

お待ちしております。


PCの方はこのあと表示される

QRコードから

スマホの方はタイトル横の▼を開き
お知らせからご登録ください。