浮気不倫

【修羅場 浮気】「間嫁にはもう愛情もない」等 嫁はそれを間に受けて関係を持ち俺とはレスに…

 

 

俺はこのスレで嫁を坊主にというのを

参考にし

寝ている嫁の髪の毛を無造作に

切りまくってやった

もちろん離婚するの覚悟でね。

DVで訴えられても受けて

立つつもりでもいた

事の発端はもちろん嫁の浮気

突然レスになって3ヶ月続いた

流石に浮気を疑って俺なりに

伝手をあたって調査した結果

真っ黒だった

 


スポンサーリンク


 


 

 

俺が働いている昼間っから間男(夜勤)

とホテルに行っていた

間男は嫁の元会社の同僚で

食事だけなら1年前から続いている

間嫁が初子ご懐妊でレスになり

ヤリモクだけで嫁を口説いている

感じだった

ただ口説き文句が「愛している」

「いつか一緒になろう」

「間嫁にはもう愛情もない」等

嫁はそれを間に受けて関係を持ち

俺とはレスになった

「〇子愛している、旦那とはしないで

くれ」と宣う間男に操を立てて

俺とはしない。


つまりこれって俺を捨てて

間男選んだってことだよな

それでも離婚しない理由って、

嫁自身が非を負わないタイミングを

図っているとしか思えなかった

実際ラインでも

「私もいつかあなたと一緒になりたい」

「旦那にはもう愛情はない。

愛しているのは間男さんだけ」

「旦那とはルームシェアの関係です」

(←自分の分の生活費も払わない。

浮気してから家事もしない専業が

何言ってるんだか。


全く【シェア】ではない)

もし嫁が目を覚ますならと、

少しは再構築も考えていたけど

これは無理だね。

ハメ撮りの写メも間男から

送ってきたのも何枚かあったし

間男がお自由に使える金が

ないからって

共有貯金も使い込んでいたしね

なんか人をなめくさった態度にキレた

もうお金なんてどうでもいいと思った

俺のズタズタにされた小さな

プライドを取り戻すこそしか頭になかった

それで寝ている嫁の髪の毛を切った

嫁には酒のましてぐっすり

寝せている

少々のことでは起きない

ある程度散切り坊主にしたあと

ブラウンの際ぞりでさらに短く

そしてツルツルにしてやった

ついでに下の毛も添ってやった

レスが続いていたので

剃る時にムラムラしたが我慢した

翌朝嫁は悲鳴とともに起きた

何があったのか俺に聞いてくる

俺「俺が剃った。

文句あるか?」

嫁はキチ外のようにキレて喚いていた

余りにも五月蝿いので往復ビンタ

やっと静かになった嫁

ニヤケが止まらない俺

嫁「どうしてこんなことするの?これって

DVだよ・・・」とぐずりながら訴える

俺「ああわかってる。

DVだよ!どうして俺がこんなことたのか

お前自身わかっているだろ」

嫁「なんのこと?私あなたに

何か悪いことした?」

俺「もう一度いう、お前自身

わかっているだろ!何度も言わせるな!!」

浮気のことだとわかったようだ。

嫁は青ざめていった。

だが「まだバレてないかもしれない」とも

思っているようだった

嫁「ちゃんと言葉で言ってくれなきゃ

わかんない!」

俺は嫁の胸ぐら掴んで

「お前の本性.がわかった。

もう何も聞かない・・・覚悟しろ」

そして俺は嫁を凹にした

嫁は懸命に許しを乞うがもう遅い

俺「お前を貰うときに義両親に

生涯お前と共にすると誓った

お前をヤったあと俺もあとを追う。

サレ側のけじめだ」

俺は嫁を凹った。

 


スポンサーリンク


 


 

 

途中で号泣しながら徹底的に凹った

嫁はそれを見て抵抗しなくなった

嫁「ごめんなさい・・・

覚悟決めました好きにしてください。」

それでヘタレな俺は嫁への凹をやめた

なんか虚しくなった

俺は嫁に服を着せ間男の自宅に

連れていた

間嫁が出てきた。

間男を出すように言ったが

不審がって警察呼ぶと騒がれた

俺「呼ぶなら勝手に呼べばいい」と

ズカズカと土足で入っていった

ソファーでくつろいでいる間男に

嫁を投げつけた

俺「お前の婚約者連れてきてやった!

感謝しろ!」

間男は真っ青になりながらも

間男「私はしりません!!!」と

惚けていた

俺は証拠の写真を出した。

間嫁もそれを見てキレて間男に

詰め寄った

嫁はただ只管経緯を話させた

俺「俺は貴様の不貞行為に

慰謝料請求する権利がある。

間嫁さんも俺の嫁に慰謝料請求できる」

間男「お互い割り切っての事だから、

大人げない!!」と意味不明なことを

言い始めた

俺「勝手に言ってろ!次は

弁護士連れてくる。

裁判まで行く覚悟あるなら

さっきと同じこと言えよな!」と

嫁をおいて帰宅した

俺は弁護士探した

絶対に間男だけは社会から

抹消したかった

だけどどこの弁護士も

「慰謝料」だけの制裁しか

勧めてこなかった

だからできるだけ高額の慰謝料を

請求してくれる弁護士にお願いした

嫁とは離婚。

慰謝料なし。

財産分与あり

使い込み30万(使い込みの2分の1)

間男に慰謝料500万使い込み30万

(嫁同様)

結果は150万(月々3万の分割)しか

取れなかったが、

裁判まで持って行ってやった

間男は会社に不倫していたことが

バレて居づらくなり転職

間嫁にも愛想つかされて離婚

案の定支払い期限が過ぎても

支払わなくなったので

間男の新会社に電話して請求

受付嬢に「間男さん人の

女房と不倫して裁判所からの命令で

慰謝料払わなければいけないのに

返済が滞おっているんですよ」と

経緯を話してやった

間男ここでも居づらくなり再転職

これを3回ほど続けてやった

間男は「分割になりますが、

当初の希望金額払いますから

勘弁してください」と泣き入れてきた


俺「いやいいです。

裁判で決まったことですから

滞った場合は取り立てても

依存はないと公正証書にも

下じゃないですか

俺はその権限を

行使しているだけですよ。


人をタカリ扱いしないでくださいよ」

これで間男は狂って意味不明なことを

叫びながら走って逃げていった

翌日間男親から電話が入った

その日間男はセルフボーン未遂で

病院へ

そしてそのまま精神科医の

隔離病棟に入院

間男父「もう息子は反省しております。

勘弁してください」

間男母「息子はあなたのせいで

気が狂ってしまいました。

どうしてくれるんですか

もう息子には関わらないでください」

俺「人の女房寝とったくせになに

都合のいいこと言ってるんですか?」

そして俺はハメ撮りとラインを見せて

俺「あんたら感じませんか?

俺がなんでこんなことしているのか

俺も気が狂ってるんでっすよ。

あんた等の息子が最愛の嫁を

寝とったせいでね

それでその俺に息子を許せだと?

よく言えたもんだ!!

息子助けたかったら俺を刺せ!!!!」と

廊下に出刃を突き刺して脅してやった

間男両親は黙り込んだ

俺「文句あるなら裁判でもなんでも

受けて立つ。

生半可なことじゃ俺は許さないからな」

そう言って間男両親を追い出した

1ヶ月後間男両親は県外に引越しした。

間男は相変わらず入院している

離婚して2年後、俺はずっと独り身

部屋でリスカして遊んでいたら

呼び鈴がなった

無視してリスカの続きしていたら

悲鳴が聞こえた

玄関の鍵閉め忘れていたせいか

来客が勝手に上がり込んできてた

来客は俺の名前叫びながら

泣き喚いている

ガラケー取り出しどこかに

電話し始めた救急隊員が

駆けつけて俺を取り押さえ俺は

精神科医に入院となった

(隔離病棟ではないが

面会謝絶扱いで個室に)自傷

しないように手足は縛られてしまった

俺は「あぼーんする気なかったのに

大げさだな」と思いながら2日経った

よく考えたら来客は見たことある

やつだった

思い出せない。

思い出すと涙がでてきた

1週間後面会謝絶は解かれた。

親が見舞いに来てくれた

その時に母親から入院した

経緯を教えてもらった

俺は手首を数回切りすぎて意識が

朦朧としていたらしい

そこに嫁が謝罪に来て俺を見つけて

救急車を呼んだ

致命傷ではなかったが

何聞いてもヘラヘラ笑っていたので

精神科医に入院


嫁は俺への償いのために

2年間仕事掛け持ちでお金を貯め

俺に慰謝料として渡して

謝罪するつもりでいたが

壊れた俺を見て自分が

どれだけのことをしたかわかったらしい

やっと伸びた髪をまた坊主にして

俺両親に謝罪したらしい

嫁は「再構築じゃなくてもいい。

せめて私が壊したものの償いを

させて欲しい」と

俺の世話をさせてくれと俺両親に

土下座でいったらしい

今俺は籍は戻してないが

嫁と暮らしている

嫁は甲斐甲斐しくも俺に

尽くしてくれている

家事も俺の性.処理も

嫁と再度暮らすことになって3年になる

少しは俺も正気を戻したが

時々意味もなく発狂して喚いてしまう

そのときは嫁がネ果になって

俺を抱きしめてくれる

だけどあの時覚えた負の感情は

完全に消えない

まだ俺の黒く染まったものが疼いている

これは生涯続いていくだろう

そろそろ自分を保てる

自信がなくなってきている


~お知らせ~

いつもご覧いただき

ありがとうございます。

修羅場な話24時運営事務局です。


LINEはじめましたので、

他のお知らせで埋もれることなく

最新の浮気話をお楽しみ頂けます。

お得な情報も配信予定です。

是非LINE友達追加も

お待ちしております。


PCの方はこのあと表示される

QRコードから

スマホの方はタイトル横の▼を開き
お知らせからご登録ください。