馴れ初め話

【馴れ初め 気団】俺「すいません。Qさんの同僚です。Qさんすっかり酔っ払っちゃっって」結果…

 

 

タカビー(氏語)な女性社員Qに、

今度の日曜日に家具を買いに行きたいから連れて行けと言われ、

「母親を田舎に連れて行かなきゃ」と断ったら、
マザコンキモいと言われた。

 


スポンサーリンク


 


 

 

翌週、QにPCが調子悪いから見てくれと頼まれたが、

「運動会を見に来てくれと姪っ子に頼まれたから」と断ったら、
口リコンキショいと言われた。


翌週、Qに車を見に行きたいけど
、一人だと足元見られそうだから着いてきてくれないかな?と頼まれたが、

「特養に入ってる婆ちゃんの所へ遊びに行く約束してるから」と断ったら、
熟女趣味かよと罵られた。


会社で忘年会があった。


自分は下戸なので車で行ったら、酔っ払ったQが
「お酒飲み過ぎちゃって一人で帰るのが怖いから、

送って行ってくれませんか?」と頼まれたが、

その時乗っていた車がAZ-1だったので、

酩酊状態の人を車に乗せたら確実に車内がゲロの海になってしまう。

なおで「嫌なこった。バスかタクシーで帰れよ。」と丁重に断った。

 


スポンサーリンク


 


 

 

しかし、上司から命令されたこともあり、
どうしても送っていかないといけないことになったので、

仕方なく社用車を取りに行って、

すっかりつぶれたQを荷台に載せて送り届けた。

上司から教えてもらった住所を頼りにQの家に着き、チャイム押した。


俺「すいません。Qさんの同僚です。Qさんすっかり酔っ払っちゃっって」

嫁(Qの妹)「あ、おねえちゃんがすいません。

パパとママを呼んできますのでちょっと待っててください。 」

「パパー!おねえちゃんがー!(バタバタ走る音)」

これが嫁との初めての会話。